ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると更新の励みになります。

小売・飲食業 ブログランキングへ

にほんブログ村

2016年01月31日

トヨタがダイハツ完全子会社化決定!成長持続へ再編!新興国戦略の全ぼう! 

トヨタ自動車は2016年1月29日、51.2%出資するダイハツ工業を2016年8月1日付で完全子会社にすると正式発表しました。

両社の技術・ノウハウや事業基盤を融合し、新興国を中心に成長が見込まれる小型車分野を軸に一体的なクルマづくりを進めます。

年間販売台数が1,000万台を超えたトヨタグループの持続的な成長につなげます。

東京証券取引所に上場しているダイハツは2016年7月27日付で上場廃止となる見通し。

トヨタはダイハツブランドを今後も存続させ新興国戦略の要とします。

1月29日の記者会見で、トヨタの豊田章男社長は「トヨタは小型車でそれほど存在感を示せていないが、この分野のノウハウがないとさらなる成長が難しい」と強調。

ダイハツの三井正則社長は「競争が激化しており、戦略を共有して小型車の開発・生産に取り組む必要がある」と説明しました。

トヨタは1967年にダイハツと業務提携し、1998年に出資比率を過半に引き上げて子会社化しました。

これまでの小型車の共同開発や完成車の相互OEM(相手先ブランドによる生産)供給から、協力範囲を拡大します。

トヨタは今後、ダイハツをグループの小型車分野の中核企業と位置付けます。

ダイハツが低コスト化技術などを生かし、企画も含めて両ブランドの製品開発を手掛けます。

新興国事業でもダイハツが主体的役割を担います。

技術面でトヨタはハイブリッド車(HV)や自動運転などの先端分野を手掛け、ダイハツは低コスト化や燃費向上といったすみ分けを明確にします。

それぞれが得意な領域に集中し、成果を融合することで技術開発を効率化します。

ダイハツ独自のクルマづくりのノウハウをグループ全体で共有し、小型車以外のコスト競争力強化にも生かします。

トヨタは現在第1トヨタ(先進国 担当)、第2トヨタ(新興国 担当)といった地域別のビジネスユニットを見直し、新たにプラットフォーム(車台)ごとに区分けする組織再編を2016年4月から実施します。

2013年4月に新興国管轄の第2トヨタを組織して以降、新興国の販売が停滞しているのは、トヨタの新たな設計戦略TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)が小型車に応用しづらいからです。

2016年12月にTNGAの第1弾として新型「プリウス」を投入しましたが、TNGAは先進国向けのボリュームゾーン車種への対応が優先で、インドなどの新興国向け小型車に適用できるのは随分先となります。

新興国戦略を整理していくことがトヨタの喫緊の課題だった中、ダイハツは今年、インドプロジェクトの発表を予定していました。

機会を逸しないためにもダイハツの完全子会社化で協業を強化するとともに、インドに強固な販路を持つスズキとの提携も含めて戦略を打ち立てるのが、トヨタの新興国戦略の全ぼうです。

新興国の小型車展開用に、ダイハツの新たな設計戦略DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)ができるかもしれませんね。

○トヨタとスズキが提携交渉!インド市場共同開拓!トヨタの新世界戦略とは!はこちら⇒
「トヨタとスズキが提携交渉!インド市場共同開拓!トヨタの新世界戦略とは!」
○トヨタ全工場操業停止!王者に吹いた突然の逆風!はこちら⇒
「トヨタ全工場操業停止!王者に吹いた突然の逆風!」
○最新版!2015年 国内 自動車メーカー 売上高(業績) ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 国内 自動車メーカー 売上高(業績) ランキング!」
○最新版!2015年 大手電機メーカー 売上高(業績) ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 大手電機メーカー 売上高(業績) ランキング!」
○最新版!2015年 家電量販店業界 売上高ランキングはこちら⇒
「最新版!2015年 家電量販店 売上高ランキング!」
○最新版!家電量販店ランキング一覧はこちら⇒
「最新版!家電量販店ランキング一覧!」

posted by カデンちゃん at 15:08| Comment(0) | 勢力図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

トヨタとスズキが提携交渉!インド市場共同開拓!トヨタの新世界戦略とは!

トヨタ自動車とスズキが提携交渉に入ったと報道がありました。

トヨタは傘下にダイハツがあるのに、競合のスズキとも提携するのかと驚きました。

家電量販店業界でいうと、ベスト電器を子会社化したヤマダ電機が競合の上新電機とも提携するようなものです。

安全・環境技術、低コストの生産ノウハウなど両社の強みを活かし、インドなど新興国での小型車需要の開拓を共同で進める見通しです。

両社は今後、株式の持ち合いも行う予定です。世界的な競争が激しさを増すなか、国内大手2社の連携で新興国開拓を加速します。

世界販売台数が279万台に上るスズキは日本国内の軽自動車でダイハツ工業とともに市場をけん引し、低コストの車造りに強みを持ちます。

スズキの収益源はインドでの乗用車事業で、同国でシェア4割とトップを誇ります。約30年かけて築いた販売網は、トヨタがインドで事業を拡大するための大きな力になるとみられます。

一方、トヨタは1997年にインドで生産子会社を設立しましたが、販売が伸びず足元のシェアは約5%と低迷しています。スズキとの協業を通じ得意とするタイやインドネシア以外のアジア圏での足場を一気に固めたい考えです。

トヨタはグループ販売が約1,000万台と世界トップ。ハイブリッド車(HV)「プリウス」や燃料電池車(FCV)「ミライ」などに代表されるエコカーや自動運転などの安全技術で先行しています。

今後、世界的に環境や安全面での規制が強まる見通しです。自動運転などのIT(情報技術)化が不可欠となるなか、環境・安全技術など次世代車の開発が単独では厳しいとみられていたスズキはトヨタの次世代技術を活用するもようです。

一方、トヨタはダイハツを完全子会社化し、これまで以上に低燃費、低コストの小型車開発を進める方針を固めています。

スズキは米ゼネラル・モーターズ(GM)との提携解消に伴い、独フォルクスワーゲン(VW)と2009年12月に資本提携を結びました。ただ、経営権や技術開示のあり方で溝ができ、国際仲裁を経て15年9月に資本提携を解消しています。

カリスマ経営者の鈴木修会長(85歳)の後継として長男の鈴木俊宏氏(56歳)が2015年6月に社長に昇格。「ポスト鈴木修氏」経営に向けたトヨタとの交渉を極秘に進めていました。

実は過去、スズキが経営危機に見舞われた際、2度もトヨタに支援を請い、救済された歴史を持ちます。それでも、スズキを子会社化しなかったのは、スズキ(鈴木修氏)の独自路線を評価し、横やりを入れなくなかったのかもしれません。

世界の自動車業界ではトヨタグループ、VW、GMが3強に位置します。GMとホンダがFCV開発などで提携するなど、単純な競争だけでなく協調も大きなテーマとなっています。

グローバル販売でトップのトヨタと、日系勢で日産自動車、ホンダに次ぐ4番手にあるスズキが提携交渉に入ったことで、自動車業界の勢力図に大きな影響を与えることになりそうです。

どの業界も、日本国内は少子高齢化、人口減の影響で市場の成長が見込めなくなっています。今後は、海外での事業展開を成功させないと、生き残れないですね。

現在、勝ち組のトヨタも今後、どうなるかはわかりません。トヨタもそれがわかっているから、今回のような競合との提携でしょう。

家電量販店業界のヤマダ電機がもがいているのも同じことが言えるかと思います。

○トヨタがダイハツ完全子会社化決定!成長持続へ再編!新興国戦略の全ぼう!はこちら⇒
「トヨタがダイハツ完全子会社化決定!成長持続へ再編!新興国戦略の全ぼう!」
○トヨタ全工場操業停止!王者に吹いた突然の逆風!はこちら⇒
「トヨタ全工場操業停止!王者に吹いた突然の逆風!」
○最新版!2015年 国内 自動車メーカー 売上高(業績) ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 国内 自動車メーカー 売上高(業績) ランキング!」
○最新版!2015年 大手電機メーカー 売上高(業績) ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 大手電機メーカー 売上高(業績) ランキング!」
○最新版!2015年 家電量販店業界 売上高ランキングはこちら⇒
「最新版!2015年 家電量販店 売上高ランキング!」
○最新版!家電量販店ランキング一覧はこちら⇒
「最新版!家電量販店ランキング一覧!」

posted by カデンちゃん at 23:58| Comment(0) | 勢力図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

ニトリHD社長交代会見!似鳥氏「改革のスピード上げるため決断。白井氏はエース」!

社長交代を発表したニトリホールディングスは2016年1月26日夕方、都内で記者会見を開きました。

2016年2月21日付で代表権のある会長に就く創業者の似鳥昭雄社長は、2017年2月期に控える30期連続増収や2019年の創業50周年という節目を前にした異動について「そうした節目を本来は私が、と思ったものの、こういう時代。こだわらず、次期社長に節目節目を乗り切ってほしい」と述べ、新社長になる白井俊之副社長への期待を示しました。

中核事業会社のニトリの社長に白井氏が就任した2014年5月からホールディングスの後継者としても検討していたと説明。

少子高齢化による人口減少、市場縮小、2017年4月の消費再増税など、今後さらに競争環境が激化すると予想されることから「グループ一体となり、さらなる改革のスピードを上げなくてはならない」ことから決断したと話しました。

似鳥氏は白井氏について、「満を持してエースが登板する。実務は私以上に詳しい。物事を即断即決できる。常に私に報告に来るから安心だ。愛嬌(あいきょう)も度胸もありリスクに果敢に挑戦できる人物。」などとも述べました。

似鳥氏の白井氏に対しての信頼感が伝わってきます。

今後は似鳥氏が最高経営責任者(CEO)として方向性を定め、白井氏が最高執行責任者(COO)として具体的な経営戦略を実行する方針です。

役割分担を行い、グループ各事業の意思決定を迅速にして、改革スピードを向上させる。エースを抜擢。

何だか、ヤマダ電機の社長交代と似ていますね。

○ニトリHD社長交代!白井俊之 副社長が昇格!創業者 似鳥昭雄氏は会長に!はこちら⇒
「ニトリHD社長交代!白井俊之 副社長が昇格!創業者 似鳥昭雄氏は会長に!」
○ヤマダ電機 新社長は創業者一族ではない桑野光正氏!創業者 山田昇氏は会長へ!はこちら⇒
「ヤマダ電機 新社長は創業者一族ではない桑野光正氏!創業者 山田昇氏は会長へ!」
○ヤマダ電機 社長交代会見!役割分担し事業強化!桑野光正氏「構造改革を徹底」!はこちら⇒
「ヤマダ電機 社長交代会見!役割分担し事業強化!桑野光正氏「構造改革を徹底」!」
○最新版!2015年 家具・インテリア業界 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 家具・インテリア業界 売上高ランキング!」
○最新版!2015年 ホームセンター(HC) 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 ホームセンター(HC) 売上高ランキング!」
○最新版!2015年 小売業界全体 売上ランキングはこちら⇒
「最新版!2015年 小売業界全体 売上高ランキング!」
○最新版!2015年 小売業界全体 店舗面積ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 小売業界全体 店舗面積ランキング!」
○最新版!2015年 家電量販店業界 売上高ランキングはこちら⇒
「最新版!2015年 家電量販店 売上高ランキング!」
○最新版!家電量販店ランキング一覧はこちら⇒
「最新版!家電量販店ランキング一覧!」

posted by カデンちゃん at 00:02| Comment(0) | 経営戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする