ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると更新の励みになります。

小売・飲食業 ブログランキングへ

にほんブログ村

2016年07月30日

最新版!2015年 レジャー・テーマパーク業界 売上高&入場者数ランキング!

2015年 最新のレジャー・テーマパーク(遊園地)業界の売上高データ等を用いて各種分析を行いました。

2016年7月30日現在で確認できる限りの最新業績データです。

各企業のレジャー・テーマパーク部門のデータとなります。

売上高データ以外は上場企業等データが確認できたもののみのランキングです。

【2015年 レジャー・テーマパーク業界 売上高&入場者数ランキング】

@【売上高】
1位 オリエンタルランド・・・・・3992億円
2位 ユー・エス・ジェイ・・・・・1385億円
3位 東京ドーム・・・・・・・・・ 590億円
4位 ナムコ・・・・・・・・・・・ 430億円
5位 富士急行・・・・・・・・・・262.1億円
6位 ハウステンボス・・・・・・・262.0億円
7位 長島観光開発・・・・・・・・251.1億円
8位 モビリティランド・・・・・・251.0億円
9位 西武鉄道・・・・・・・・・・ 215億円
10位 よみうりランド・・・・・・・ 161億円
11位 加森観光・・・・・・・・・・ 156億円
12位 常磐興産・・・・・・・・・・ 124億円
13位 東京動物園協会・・・・・・・90.5億円
14位 近鉄レジャーサービス・・・・90.3億円
15位 沖縄美ら島財団・・・・・・・・84億円
16位 横浜八景島・・・・・・・・・・77億円
17位 アワーズ・・・・・・・・・・・72億円
18位 泉陽興業・・・・・・・・・・・68億円
19位 サンリオエンターテイメント・・66億円
20位 海遊館・・・・・・・・・・・・58億円

オリエンタルランドの売上高が群を抜いています。


A【営業利益】
1位 オリエンタルランド・・・・・980億円
2位 ユー・エス・ジェイ・・・・・390億円
3位 東京ドーム・・・・・・・・・101億円
4位 ハウステンボス・・・・・・・・73億円
5位 富士急行・・・・・・・・・・・31億円
6位 長島観光開発・・・・・・・・・14億円
7位 サンリオエンターテイメント・▲6.1億円

「営業利益」とは本業の儲けを表す数値で、一般企業の純営業活動から生み出された利益のことです。

「オリエンタルランド」、「ユー・エス・ジェイ」の営業利益が巨大です。


B【売上高営業利益率】
1位 ユー・エス・ジェイ・・・・・28.14%
2位 ハウステンボス・・・・・・・27.86%
3位 オリエンタルランド・・・・・24.57%
4位 東京ドーム・・・・・・・・・17.24%
5位 富士急行・・・・・・・・・・11.86%
6位 長島観光開発・・・・・・・・・5.57%
7位 サンリオエンターテイメント・・▲9.24%

「売上高営業利益率」とは、会社の営業活動のもうけである「営業利益」が「売上高」に対して何%あるかを示す数値であり、「営業利益÷売上高×100(%)」の式で算出します。


C【経常利益】
1位 オリエンタルランド・・・・・989億円
2位 東京ドーム・・・・・・・・・・81億円
3位 富士急行・・・・・・・・・・・24億円

「経常利益」とは「営業利益」に受取利息などの「営業外収益」を足し、銀行に支払う借入利息などの「営業外費用」を差し引いたものです。会社の事業全体の利益を表します。

本業が順調でも、借入金の返済や利息負担が多いと少なくなります。

業績の良し悪しの判断には、「経常利益」が利用されることが多いです。「営業利益」は本業の業績のみに左右されますが、「経常利益」は会社活動の総決算となります。


D【売上高経常利益率】
1位 オリエンタルランド・・・・・24.79%
2位 東京ドーム・・・・・・・・・13.75%
3位 富士急行・・・・・・・・・・・9.35%

「売上高経常利益率」とは、会社のもうけである経常利益が売上高に対して何%あるかを示す数値であり、「経常利益÷売上高×100(%)」の式で算出します。


E【自己資本比率】
1位 オリエンタルランド・・・・・75.0%
2位 東京ドーム・・・・・・・・・25.8%
3位 富士急行・・・・・・・・・・20.7%

「自己資本比率」とは、返済不要の自己資本が全体の資本調達の何%あるかを示す数値であり、「自己資本÷総資本(自己資本+他人資本)×100(%)」の式で算出します。他人資本とは銀行等からの借入金で、金利を含めた返済が必要な資本です。

一般に自己資本比率が70%以上なら理想企業、40%以上なら倒産しにくい企業といえます。


F【ROE(自己資本利益率)】
1位 オリエンタルランド・・・・13.08%
2位 東京ドーム・・・・・・・・・9.09%
3位 富士急行・・・・・・・・・・7.37%

「ROE(株主資本利益率)」(Return on Equity)とは、企業の収益性を測る指標で、「ROE=(当期純利益÷株主資本)×100(%)」の式で算出します。株主資本(株主による資金=自己資本)が、企業の利益(収益)にどれだけつながったのかを示します。

ROEは、20%前後だと「優良」、10〜15%だと「良い」、10%弱くらいで「普通」だといわれます。

株主の期待に応えて、「オリエンタルランド」が健闘しています。


G【時価総額】
1位 オリエンタルランド・・2兆3508億円
2位 富士急行・・・・・・・・・1590億円
3位 東京ドーム・・・・・・・・ 886億円
4位 常磐興産・・・・・・・・・ 133億円

オリエンタルランドの時価総額が突出しています。


H【平均年収(平均年齢)】(*)は持株会社
1位 オリエンタルランド・775万円(44.0歳)
2位 東京ドーム・・・・・598万円(40.7歳)
3位 富士急行・・・・・・578万円(41.3歳)
4位 常磐興産・・・・・・416万円(42.2歳)

レジャー・テーマパーク業界の平均年収は幅広くなっています。


I【入場者数(入園者数)】
1位 東京ディズニーリゾート・・3137万人
2位 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 1270万人
3位 ナガシマリゾート・・・・・・505万人
4位 東京ドームシティ・・・・・・494万人
5位 恩賜上野動物園・・・・・・・349万人
6位 沖縄美ら海水族館ほか・・・・323万人
7位 ハウステンボス・・・・・・・279万人
8位 海遊館・・・・・・・・・・・219万人
9位 鈴鹿サーキット・・・・・・・198万人
10位 横浜・八景島シーパラダイス・162万人
11位 スパリゾートハワイアンズ・・148万人
12位 よみうりランド・・・・・・・146万人
13位 志摩スペイン村・・・・・・・133万人
14位 サンリオピューロランド・・・123万人
15位 としまえん・・・・・・・・・103万人
16位 西武園ゆうえんち・・・・・・ 59万人


J【各企業 展開テーマパーク】※売上高順位順
○1位【オリエンタルランド】東京ディズニーリゾート
○2位【ユー・エス・ジェイ】ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
○3位【東京ドーム】東京ドームシティ
○4位【ナムコ】ナムコ・ナンジャタウン
○5位【富士急行】富士急ハイランド
○6位【ハウステンボス】ハウステンボス
○7位【長島観光開発】ナガシマリゾート
○8位【モビリティランド】鈴鹿サーキット
○9位【西武鉄道】西武園ゆうえんち、としまえん
○10位【よみうりランド】よみうりランド
○11位【加森観光】ルスツリゾート
○12位【常磐興産】スパリゾートハワイアンズ
○13位【東京動物園協会】恩賜上野動物園
○14位【近鉄レジャーサービス】志摩スペイン村ほか
○15位【沖縄美ら島財団】沖縄美ら海水族館ほか
○16位【横浜八景島】横浜・八景島シーパラダイス
○17位【アワーズ】アドベンチャーワールド
○18位【泉陽興業】よこはまコスモワールド
○19位【サンリオエンターテイメント】サンリオピューロランド
○20位【海遊館】海遊館

○最新版!2016年 旅行業界 売上高(旅行取扱高)ランキング!はこちら⇒
「最新版!2016年 旅行業界 売上高(旅行取扱高)ランキング!」
○最新版!2015年 ホテル業界 売上高(業績)ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 ホテル業界 売上高(業績)ランキング!」
○最新版!2015年 外食業界 上場企業 売上高(業績)ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 外食業界 上場企業 売上高(業績)ランキング!」
○最新版!2016年 家電量販店業界 売上高ランキングはこちら⇒
「最新版!2016年 家電量販店 売上高ランキング!」
○家電量販店 店舗別 売上ランキングはこちら⇒
「気になる店舗の売上は?家電量販店 店舗別 売上ランキング!」
○最新版!2015年 家電量販店 店舗面積ランキングはこちら⇒
「最新版!2015年 家電量販店 店舗面積ランキング!」
○最新版!2015年 インターネット通販サイト(EC) 売上高ランキングはこちら⇒
「最新版!2015年インターネット通販(EC) 売上高ランキング!」
○最新版!2015年 小売業界全体 売上ランキングはこちら⇒
「最新版!2015年 小売業界全体 売上高ランキング!」
○最新版!小売業界全体 店舗別 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!小売業界全体 店舗別 売上高ランキング!」
○最新版!2015年 小売業界全体 店舗面積ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 小売業界全体 店舗面積ランキング!」
○最新版!2015年 全国百貨店 店舗別 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 全国百貨店 店舗別 売上高ランキング!」
○最新版!2015年 全国百貨店 店舗面積ランキングはこちら⇒
「最新版!2015年 全国百貨店 店舗面積ランキング!」
○最新版!2015年 ショッピングモール(SC) 店舗別 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 ショッピングモール(SC) 店舗別 売上高ランキング!」
○最新版!2015年 ショッピングモール・センター(SC) 店舗面積ランキングはこちら⇒
「最新版!2015年 ショッピングモール・センター(SC) 店舗面積ランキング!」
○2015年 コンビニエンスストア(CVS) 売上高&店舗数&平均日販ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 コンビニエンスストア(CVS) 売上高&店舗数&平均日販ランキング!」
○家電量販店 アフターサービス ランキングはこちら⇒
「2014年 家電量販店 アフターサービス ランキング!ヤマダ電機は8年連続最下位!」
○インターネット通販(EC) アフターサービスランキングはこちら⇒
「2014年 ネット通販(EC) アフターサービスランキング!上新電機に存在感あり!」
○家電量販店 顧客満足度ランキングはこちら⇒
「2014年 家電量販店 顧客満足度ランキング!ヨドバシカメラが5年連続1位!」
○インターネット通販(EC) 顧客満足度ランキングはこちら⇒
「2015年 ネット通販(EC) 顧客満足度ランキング!「ヨドバシ.com 」が2年連続1位!」
○最新版!家電量販店ランキング一覧はこちら⇒
「最新版!家電量販店ランキング一覧!」

【その他ランキング】
○最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!はこちら(※別サイト)⇒
「最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!」

posted by カデンちゃん at 18:06| Comment(0) | ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

最新版!2015年 ホテル業界 売上高(業績)ランキング!

2015年 最新のホテル業界の売上高データ等を用いて各種分析を行いました。

2016年7月25日現在で確認できる限りの最新データです。

ホテル業界は非上場企業が多いようです。

売上高データ以外は上場企業等でデータが確認できたもののみのランキングとなります。

【2015年 ホテル業界 売上高(業績)ランキング】

@【売上高】
1位 西武HD(ホテル・レジャー事業)
・・・・・・・・・・・・・・・1751億円
2位 リゾートトラスト・・・・・1204億円
3位 東京急行電鉄(ホテル・リゾート事業)
・・・・・・・・・・・・・・・・960億円
4位 ルートイン(ホテル・レジャー事業)
・・・・・・・・・・・・・・・・914億円
5位 アパホテル・・・・・・・・751億円
6位 東横イン・・・・・・・・・740億円
7位 ホテルオークラ・・・・・・682億円
8位 藤田観光・・・・・・・・・642億円
9位 ニュー・オータニ・・・・・631億円
10位 阪急阪神HD(ホテル事業)・・630億円
11位 オリエンタルランド(ホテル事業)
・・・・・・・・・・・・・・・・610億円
12位 ダイワロイネットホテルズ・565億円
13位 帝国ホテル・・・・・・・・537億円
14位 近鉄(ホテル事業)・・・・・518億円
15位 共立メンテナンス(ホテル事業) 469億円
16位 大和リゾート・・・・・・・455億円
17位 京王電鉄(ホテル事業)・・・453億円
18位 ロイヤルホテル・・・・・・446億円
19位 星野リゾート・・・・・・・392億円
20位 パレスホテル・・・・・・・271億円
21位 スーパーホテル・・・・・・249億円
22位 ザ・テラスホテルズ・・・・228億円
23位 グリーンズ(各種ホテル展開) 225億円
24位 西鉄(ホテル事業)・・・・・216億円
25位 リッチモンドホテル・・・・201億円
26位 日本ビューホテル・・・・・181億円
27位 名鉄(ホテル事業)・・・・・161億円
28位 加賀屋(和倉温泉観光ホテル旅館)
・・・・・・・・・・・・・・・・140億円
29位 杉乃井ホテル・・・・・・・110億円
30位 亀の井ホテル(ホテルAZ含む)・106億円
31位 京都ホテル・・・・・・・・・105億円
32位 ホテル、ニューグランド・・54.6億円
33位 鴨川グランドホテル・・・・37.0億円

西武HDホテル事業の売上高が群を抜いています。


A【営業利益】
1位 リゾートトラスト・・・・・・160億円
2位 オリエンタルランド(ホテル事業)
・・・・・・・・・・・・・・・・131億円
3位 西武HD(ホテル・レジャー事業)
・・・・・・・・・・・・・・・・105億円
4位 共立メンテナンス(ホテル事業)・47億円
5位 帝国ホテル・・・・・・・・・・39億円
6位 東京急行電鉄(ホテル・リゾート事業)
・・・・・・・・・・・・・・・・・31億円
7位 藤田観光・・・・・・・・・・・13億円
8位 ロイヤルホテル・・・・・・・12.7億円
9位 阪急阪神HD(ホテル事業)・・・12.1億円
10位 西鉄(ホテル事業)・・・・・・・11億円
11位 日本ビューホテル・・・・・・・8.6億円
12位 京都ホテル・・・・・・・・・・1.2億円
13位 ホテル、ニューグランド・・・0.48億円
14位 鴨川グランドホテル・・・・・0.40億円

「営業利益」とは本業の儲けを表す数値で、一般企業の純営業活動から生み出された利益のことです。

「リゾートトラスト」、「オリエンタルランド(ホテル事業)」「西武HD(ホテル・レジャー事業)」の営業利益が巨大です。


B【売上高営業利益率】
1位 オリエンタルランド(ホテル事業) 21.54%
2位 リゾートトラスト・・・・・・・13.32%
3位 共立メンテナンス(ホテル事業)・10.10%
4位 帝国ホテル・・・・・・・・・・7.26%
5位 西武HD(ホテル・レジャー事業)・6.00%
6位 西鉄(ホテル事業)・・・・・・・5.09%
7位 日本ビューホテル・・・・・・・4.78%
8位 東京急行電鉄(ホテル・リゾート事業)
・・・・・・・・・・・・・・・・・3.23%
9位 ロイヤルホテル・・・・・・・・2.85%
10位 藤田観光・・・・・・・・・・2.12%
11位 阪急阪神HD(ホテル事業)・・・1.93%
12位 京都ホテル・・・・・・・・・1.16%
13位 鴨川グランドホテル・・・・・1.08%
14位 ホテル、ニューグランド・・・0.88%

「売上高営業利益率」とは、会社の営業活動のもうけである「営業利益」が「売上高」に対して何%あるかを示す数値であり、「営業利益÷売上高×100(%)」の式で算出します。

オリエンタルランド(ホテル事業)の完全子会社「ミリアルリゾートホテルズ」の営業利益率がダントツです。

「ミリアルリゾートホテルズ」は"東京ディズニーリゾート"を運営する「オリエンタルランド(OLC)」の完全子会社で、"ディズニーアンバサダーホテル"、"東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ"および"東京ディズニーランドホテル"を運営しています。


C【経常利益】
1位 リゾートトラスト・・・・・202億円
2位 帝国ホテル・・・・・・・・・41億円
3位 藤田観光・・・・・・・・・・13億円
4位 日本ビューホテル・・・・・・10億円
5位 ロイヤルホテル・・・・・・・9.5億円
6位 ホテル、ニューグランド・・0.45億円
7位 鴨川グランドホテル・・・▲0.32億円
8位 京都ホテル・・・・・・・▲2.27億円

「経常利益」とは「営業利益」に受取利息などの「営業外収益」を足し、銀行に支払う借入利息などの「営業外費用」を差し引いたものです。会社の事業全体の利益を表します。

本業が順調でも、借入金の返済や利息負担が多いと少なくなります。

業績の良し悪しの判断には、「経常利益」が利用されることが多いです。「営業利益」は本業の業績のみに左右されますが、「経常利益」は会社活動の総決算となります。


D【売上高経常利益率】
1位 リゾートトラスト・・・・・16.78%
2位 帝国ホテル・・・・・・・・・7.65%
3位 日本ビューホテル・・・・・・5.82%
4位 藤田観光・・・・・・・・・・2.16%
5位 ロイヤルホテル・・・・・・・2.13%
6位 ホテル、ニューグランド・・・0.82%
7位 鴨川グランドホテル・・・・▲0.86%
8位 京都ホテル・・・・・・・・▲2.16%

「売上高経常利益率」とは、会社のもうけである経常利益が売上高に対して何%あるかを示す数値であり、「経常利益÷売上高×100(%)」の式で算出します。


E【自己資本比率】
1位 帝国ホテル・・・・・・・・69.1%
2位 ホテル、ニューグランド・・65.3%
3位 日本ビューホテル・・・・・61.7%
4位 藤田観光・・・・・・・・・27.3%
5位 リゾートトラスト・・・・・25.5%
6位 ロイヤルホテル・・・・・・25.1%
7位 鴨川グランドホテル・・・・12.9%
8位 京都ホテル・・・・・・・・・8.2%

「自己資本比率」とは、返済不要の自己資本が全体の資本調達の何%あるかを示す数値であり、「自己資本÷総資本(自己資本+他人資本)×100(%)」の式で算出します。他人資本とは銀行等からの借入金で、金利を含めた返済が必要な資本です。

一般に自己資本比率が70%以上なら理想企業、40%以上なら倒産しにくい企業といえます。


F【ROE(自己資本利益率)】
1位 ロイヤルホテル・・・・・27.57%
2位 リゾートトラスト・・・・13.61%
3位 帝国ホテル・・・・・・・5.07%
4位 日本ビューホテル・・・・4.31%
5位 鴨川グランドホテル・・・4.23%
6位 藤田観光・・・・・・・・1.92%
7位 ホテル、ニューグランド・0.93%
8位 京都ホテル・・・・・・▲20.17%

「ROE(株主資本利益率)」(Return on Equity)とは、企業の収益性を測る指標で、「ROE=(当期純利益÷株主資本)×100(%)」の式で算出します。株主資本(株主による資金=自己資本)が、企業の利益(収益)にどれだけつながったのかを示します。

ROEは、20%前後だと「優良」、10〜15%だと「良い」、10%弱くらいで「普通」だといわれます。

株主の期待に応えて、「ロイヤルホテル」「リゾートトラスト」が健闘しています。


G【時価総額】
1位 リゾートトラスト・・・2526億円
2位 帝国ホテル・・・・・・1272億円
3位 藤田観光・・・・・・・・477億円
4位 ロイヤルホテル・・・・・187億円
5位 日本ビューホテル・・・・120億円
6位 京都ホテル・・・・・・・86億円
7位 ホテル、ニューグランド・33億円
8位 鴨川グランドホテル・・・31億円

リゾートトラストの時価総額が突出しています。


H【平均年収(平均年齢)】(*)は持株会社
1位 リゾートトラスト・・624万円(34.5歳)
2位 藤田観光・・・・・・575万円(41.3歳)
3位 帝国ホテル・・・・・563万円(37.3歳)
4位 ホテル、ニューグランド
・・・・・・・・・・・・・465万円(43.2歳)
5位 日本ビューホテル・・424万円(36.1歳)
6位 鴨川グランドホテル・409万円(43.6歳)
7位 ロイヤルホテル・・・394万円(41.2歳)
8位 京都ホテル・・・・・372万円(35.6歳)

ホテル業界は夜間勤務(夜勤)があります。

夜勤があることを考慮すると平均年収は低い傾向にあると言えそうです。

○最新版!2016年 旅行業界 売上高(旅行取扱高)ランキング!はこちら⇒
「最新版!2016年 旅行業界 売上高(旅行取扱高)ランキング!」
○最新版!2015年 レジャー・テーマパーク業界 売上高&入場者数ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 レジャー・テーマパーク業界 売上高&入場者数ランキング!」
○最新版!2015年 外食業界 上場企業 売上高(業績)ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 外食業界 上場企業 売上高(業績)ランキング!」
○最新版!2016年 家電量販店業界 売上高ランキングはこちら⇒
「最新版!2016年 家電量販店 売上高ランキング!」
○家電量販店 店舗別 売上ランキングはこちら⇒
「気になる店舗の売上は?家電量販店 店舗別 売上ランキング!」
○最新版!2015年 家電量販店 店舗面積ランキングはこちら⇒
「最新版!2015年 家電量販店 店舗面積ランキング!」
○最新版!2015年 インターネット通販サイト(EC) 売上高ランキングはこちら⇒
「最新版!2015年インターネット通販(EC) 売上高ランキング!」
○最新版!2015年 小売業界全体 売上ランキングはこちら⇒
「最新版!2015年 小売業界全体 売上高ランキング!」
○最新版!小売業界全体 店舗別 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!小売業界全体 店舗別 売上高ランキング!」
○最新版!2015年 小売業界全体 店舗面積ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 小売業界全体 店舗面積ランキング!」
○最新版!2015年 全国百貨店 店舗別 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 全国百貨店 店舗別 売上高ランキング!」
○最新版!2015年 全国百貨店 店舗面積ランキングはこちら⇒
「最新版!2015年 全国百貨店 店舗面積ランキング!」
○最新版!2015年 ショッピングモール(SC) 店舗別 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 ショッピングモール(SC) 店舗別 売上高ランキング!」
○最新版!2015年 ショッピングモール・センター(SC) 店舗面積ランキングはこちら⇒
「最新版!2015年 ショッピングモール・センター(SC) 店舗面積ランキング!」
○2015年 コンビニエンスストア(CVS) 売上高&店舗数&平均日販ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 コンビニエンスストア(CVS) 売上高&店舗数&平均日販ランキング!」
○家電量販店 アフターサービス ランキングはこちら⇒
「2014年 家電量販店 アフターサービス ランキング!ヤマダ電機は8年連続最下位!」
○インターネット通販(EC) アフターサービスランキングはこちら⇒
「2014年 ネット通販(EC) アフターサービスランキング!上新電機に存在感あり!」
○家電量販店 顧客満足度ランキングはこちら⇒
「2014年 家電量販店 顧客満足度ランキング!ヨドバシカメラが5年連続1位!」
○インターネット通販(EC) 顧客満足度ランキングはこちら⇒
「2015年 ネット通販(EC) 顧客満足度ランキング!「ヨドバシ.com 」が2年連続1位!」
○最新版!家電量販店ランキング一覧はこちら⇒
「最新版!家電量販店ランキング一覧!」

【その他ランキング】
○最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!はこちら(※別サイト)⇒
「最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!」

posted by カデンちゃん at 20:03| Comment(0) | ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

PCデポコーポレーションはITの「かかりつけ医」!操作苦手な中高年つかむ!

IT(情報技術)機器の専門店、ピーシーデポコーポレーション(PC DEPOT CORPORATION、略:PCD)は修理・点検サービス(パソコンクリニック/ドクタースマート)が強みです。

実績は年間500,000件にも上ります。

メーカーを問わず、他社で購入した機器にも対応しています。

店頭には問診票(カルテ)が置かれ、来店客は機器の症状や発症時期を記入後、専門の技術スタッフによる診察となります。

まるでIT機器の病院です。

PCデポの2016年3月期の売上高営業利益率は8%。

家電量販大手ヤマダ電機でさえ、売上高営業利益率は3.61%です。

他の家電量販店大手も軒並み2〜3%台ですので、PCデポの修理・点検サービスが高付加価値・高利益を生み出しているのがわかります。

2017年3月期の連結純利益は33億円と4期連続で最高を更新する見通しです。

利益率の高い月額会員サービスの伸びが背景にあります。

現在の会員数は数十万人規模。

多くはIT機器が苦手な中高年層です。

対象となる機器の数に応じ、1カ月あたりの会費は1千〜5千円。

初期設定やスマホの料金診断まで対応する細やかさが売りです。

PCデポの野島隆久社長が起業したのは1994年。

家電量販店の野島電気商会(現ノジマ)で創業者の次男として兄の野島広司・現ノジマ社長とともに働いていたが、普及期にさしかかっていたパソコンの専門店を展開しようと独立したのが発端です。

2000年代に入ると家電量販大手との販売競争が激化し、不振に陥りました。

差別化をはかるために2006年に始めたのが月額会員サービスです。

年間50万件を修理・点検するノウハウを支えるために独自に構築した社内ネットワークがあります。

店舗の従業員が無線機で質問すると、本社のオペレーターが過去の修理データを調べて解決法を探してくれます。

過去データがない未知の問題の場合、本社から全店に呼びかけ解決法が分かる従業員を見つけ出し、当該店舗に連絡させる徹底ぶり。

全国約60店の1000人規模が知識を共有し、対応できないトラブルはほぼありません。

あらゆるものがインターネットでつながる「IoT」は異なるメーカーの機器同士ではうまく接続できないといった事例が生じやすいため、新規会員獲得や、より高額な会費を払う会員増加の追い風となりそうです。

過去、PCデポとノジマと同じように、ビックカメラは普及期にさしかかっていたパソコン部門の専門性を出すため、家電部門の「ビックカメラ」と、パソコン部門の「ビックピーカン(ビックパソコン館)」は別会社でした。

ただ、本部部門が重複していたことや、パソコン部門の専門性を家電部門にも生かすため、ビックカメラが吸収合併しました。

今後、PCデポも家電部門とのIoT分野での連携や本部部門のさらなる効率化、修理・点検サービスの共有のため、ノジマとの合併もあるかもしれません。

あくまで創業者同士、仲がよかったらの話ですが。

○ノジマが東証1部へ市場変更!キャリアショップ大手ITX買収効果!はこちら⇒
「ノジマが東証1部へ市場変更!キャリアショップ大手ITX買収効果!」
○ノジマ全従業員月額5000円ベースアップ(ベア)実施!月給1万円増!初任給5000円増!はこちら⇒
「ノジマ全従業員月額5000円ベースアップ(ベア)実施!月給1万円増!初任給5000円増!」
○ノジマのヤマダ跡地出店についてはこちら⇒「ノジマがヤマダ跡地に出店へ!首都圏中心に10店!」
○ノジマの携帯販売大手ITX買収についてはこちら⇒「小が大を飲み込む買収劇!ノジマが携帯販売大手ITXを買収!」
○どれがお得?おすすめ格安SIMカードランキング!はこちら⇒
「どれがお得?おすすめ格安SIMカードランキング!」
○最新版!2015年 大手携帯電話事業者(キャリア) 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 大手携帯電話事業者(キャリア) 売上高ランキング!」
○最新版!2016年 家電量販店業界 売上高ランキングはこちら⇒
「最新版!2016年 家電量販店 売上高ランキング!」
○最新版!家電量販店ランキング一覧はこちら⇒
「最新版!家電量販店ランキング一覧!」

posted by カデンちゃん at 23:03| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする