ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると更新の励みになります。

小売・飲食業 ブログランキングへ

にほんブログ村

2018年12月30日

「PayPay(ペイペイ)」特需の勝ち組はビックカメラ!ヨドバシカメラは20%ポイントアップセールで対抗へ!


2019年12月4日、100億円を上限に購入金額の20%(最大5万円)を還元するキャンペーンをスタートしたPayPay(ペイペイ)。

当初はキャンペーン期間を2019年3月31日までとしていましたが、予想を遥かに上回る盛況ぶりにより、わずか10日間で100億円に達し2018年12月13日にキャンペーンは終了しました。

最大5万円を上限に購入金額の20%を還元されるとなると、消費者は25万円までの購入ができます。

単価が高い大型商品となるとおのずと家電量販店の取り扱い商品となり、家電量販店に消費者が殺到しました。

家電量販店でPayPay加盟店はビックカメラグループ(コジマ、ソフマップ含む)、ヤマダ電機、エディオン、上新電機でした。

特にその恩恵を受けたのがビックカメラです。

他の郊外型量販の場合、キャンペーン期間中の売り上げが前年同日比120〜130%前後で推移したのに対し、ビックカメラは200%を超える売り上げでした。

ビックカメラが、PayPayキャンペーンの利用者の取り込みに成功したのは2つの理由が考えられます。

1つは、同キャンペーンには都市型先進層が多く反応しました。

スマートフォンを使ったバーコード決済システムは情報リテラシーの高い先進層により受け入れやすく、特にビックカメラはITに明るいデジタルユーザーを会員に多く抱えています。

このため、まずは大都市店舗のデジタル機器売り場に客が殺到。

キャンペーン開始当日には決済が集中し、PayPayのサーバーがダウンする事態となりました。

2つめは、ビックカメラはあらゆるメディア(広告媒体)を有効活用しマーケティングに力を入れました。

TwitterなどのSNS、自社アプリ、ウェブサイト、テレビCM、店頭POP、店内放送などあらゆるメディアを使ってPayPayキャンペーンを大々的にいち早く告知しました。

また、自社のポイント8%と合わせて“28%を還元”という宣伝も効果的でした。

テレビやネットニュースで取り上げられる映像もビックカメラの店頭がほとんどだったため、消費者はPayPayキャンペーンはビックカメラで行われていると認識しました。

一方、郊外店の場合、スマホ決済の浸透度の低さもあり、PayPayキャンペーンを利用する消費者は都市型店舗ほどいませんでした。

PayPayキャンペーン期間中ビックカメラは前年比200%を超える売り上げでした。

年末の売り上げが見込める時期ですので、大きな売り上げに繋がりました。

ビックカメラが前年比200%ということは、ヨドバシカメラの売り上げが大きく落ち込んだことが予想されます。

PayPayキャンペーンのボーナス還元ポイントは1月10日に付与されますので、今後もPayPayキャンペーンのビックカメラは恩恵を受けられます。

PayPay加盟店ではないヨドバシカメラは対抗策として2019年1月20日(日)までの期間限定で、最大20%ポイント付与の特別ポイントアップセールを開催中です。

○【最新版】PayPay(ペイペイ)が100億円キャンペーン第2弾!購入額の最大20%を還元!はこちら⇒
「【最新版】PayPay(ペイペイ)が100億円キャンペーン第2弾!購入額の最大20%を還元!」
○【最新版】最大20%還元!ヨドバシカメラで特別ポイントアップセール!ペイペイ100億円キャンペーン第2弾対策!はこちら⇒
「【最新版】最大20%還元!ヨドバシカメラで特別ポイントアップセール!ペイペイ100億円キャンペーン第2弾対策!」
○最新版!2018年 家電量販店業界 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2018年 家電量販店 売上高ランキング!」
○最新版!家電量販店他 各種ランキング一覧は!こちら⇒
「最新版!家電量販店ランキング一覧!」

【各業界・業種別 業績ランキング】
「最新版!各業界・業種別 業績ランキング一覧【業界地図】!」

【その他ランキング】
○最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!はこちら(※別サイト)⇒
「最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!」



posted by カデンちゃん at 21:49| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

【最新版】2018年 JR(ジェイアール)各社 営業利益ランキング!

2018年 最新のJR(ジェイアール)各社の業績データを用いて@【営業利益】とA【売上高営業利益率】をまとめました。

JR(ジェイアール)は、1987年に日本国有鉄道(国鉄)の分割民営化により発足した以下、以下の鉄道事業者を中心とした企業群の総称です。

・北海道旅客鉄道(JR北海道)
・東日本旅客鉄道(JR東日本)
・東海旅客鉄道(JR東海)
・西日本旅客鉄道(JR西日本)
・四国旅客鉄道(JR四国)
・九州旅客鉄道(JR九州)
・日本貨物鉄道(JR貨物)

2018年12月2日現在で確認できる限りの最新データです。

※2018年 JR(ジェイアール) 各種業績データ【売上高】【営業利益】【経常利益】【当期純利益】【自己資本比率】【有利子負債】【時価総額】【平均年収】分析ランキングを更新中です。

下にスクロールしていただき、お勧めリンク集からご覧になれます。

参考にしてください。

【2018年 JR(ジェイアール)各社 営業利益ランキング】

@【営業利益】
1位 JR東海・・・・・・・・・・・・6620億円
2位 JR東日本・・・・・・・・・・・4812億円
3位 JR西日本・・・・・・・・・・・1913億円
4位 JR九州・・・・・・・・・・・・ 639億円
5位 JR貨物・・・・・・・・・・・・ 122億円
6位 JR四国・・・・・・・・・・・・ -99億円
7位 JR北海道・・・・・・・・・・・-416億円

「営業利益」とは本業の儲けを表す数値で、一般企業の純営業活動から生み出された利益のことです。

1位はドル箱路線である東海道新幹線を保有している「JR東海」です。

収益の約7割が新幹線の収益です。


【2018年 JR(ジェイアール)各社 売上高営業利益率ランキング】

A【売上高営業利益率】
1位 JR東海・・・・・・・・・・・・36.33%
2位 JR東日本・・・・・・・・・・・16.31%
3位 JR九州・・・・・・・・・・・・15.47%
4位 JR西日本・・・・・・・・・・・12.75%
5位 JR貨物・・・・・・・・・・・・ 6.31%
6位 JR四国・・・・・・・・・・・ -19.30%
7位 JR北海道・・・・・・・・・・ -23.95%

「売上高営業利益率」とは、会社の営業活動のもうけである「営業利益」が「売上高」に対して何%あるかを示す数値であり、「営業利益÷売上高×100(%)」の式で算出します。

○最新版!2018年 JR(ジェイアール)各社 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2018年 JR(ジェイアール)各社 売上高ランキング!」
○最新版!2018年 JR(ジェイアール)各社 経常利益ランキング!はこちら⇒
「最新版!2018年 JR(ジェイアール)各社 経常利益ランキング!」
○最新版!2018年 JR(ジェイアール)各社 平均年収&従業員数ランキング!はこちら⇒
「最新版!2018年 JR(ジェイアール)各社 平均年収&従業員数ランキング!」
○最新版!2016年 運輸・運送業界(陸運) 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2016年 運輸・運送業界(陸運) 売上高ランキング!」
○最新版!2018年 家電量販店業界 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2018年 家電量販店 売上高ランキング!」
○最新版!家電量販店他 各種ランキング一覧は!こちら⇒
「最新版!家電量販店ランキング一覧!」

【各業界・業種別 業績ランキング】
「最新版!各業界・業種別 業績ランキング一覧【業界地図】!」

【その他ランキング】
○最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!はこちら(※別サイト)⇒
「最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!」

posted by カデンちゃん at 22:14| Comment(0) | ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。