ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると更新の励みになります。

小売・飲食業 ブログランキングへ

にほんブログ村

2019年02月24日

【最新版】2018年 私鉄各社 平均年収&従業員数ランキング!

2018年 最新の私鉄各社の業績データを用いて@【平均年収】とA【従業員数】をまとめました。

私鉄とは、私企業のみにより運営が行われる鉄道事業者のことです。

民営鉄道とも呼ばれ、JRグループを除く、日本民営鉄道協会(民鉄協)に属する鉄道事業者を指します。

2019年2月24日現在で確認できる限りの最新データです。

※2018年 私鉄各社の各種業績データ【売上高】【営業利益】【経常利益】【当期純利益】【自己資本比率】【有利子負債】【時価総額】【平均年収】分析ランキングを更新中です。

下にスクロールしていただき、お勧めリンク集からご覧になれます。

参考にしてください。

【2018年 私鉄各社 平均年収ランキング】

@【平均年収】(*)は持株会社
1位 阪急阪神HD(*)・・・・・919万(42.3歳)
2位 相鉄HD(*)・・・・・・・864万(50.5歳)
3位 京阪HD(*)・・・・・・・838万(43.6歳)
4位 西武HD(*)・・・・・・・805万(39.1歳)
5位 関西高速鉄道・・・・・ 774万(58.2歳)
6位 小田急電鉄・・・・・・ 755万(39.8歳)
7位 東京急行電鉄・・・・・ 746万(40.5歳)
8位 京成電鉄・・・・・・・ 743万(42.2歳)
9位 京王電鉄・・・・・・・ 718万(40.4歳)
10位 東京メトロ・・・・・・717万(37.9歳)
11位 新京成電鉄・・・・・・699万(39.9歳)
12位 東武鉄道・・・・・・・698万(46.4歳)
13位 京浜急行電鉄・・・・・658万(38.3歳)
14位 江ノ島電鉄・・・・・・656万(43.5歳)
15位 南海電気鉄道・・・・・601万(42.0歳)
16位 近鉄グループHD・・・ 599万(43.5歳)
17位 名古屋鉄道・・・・・・599万(43.7歳)
18位 首都圏新都市鉄道・・・587万(35.3歳)
19位 富士急行・・・・・・・567万(41.0歳)
20位 横浜高速鉄道・・・・・562万(44.2歳)
21位 西日本鉄道・・・・・・558万(44.1歳)
22位 山陽電気鉄道・・・・・551万(40.9歳)
23位 広島電鉄・・・・・・・541万(46.3歳)
24位 京福電気鉄道・・・・・538万(40.3歳)
25位 北陸鉄道・・・・・・・533万(42.2歳)
26位 秩父鉄道・・・・・・・518万(41.6歳)
27位 神戸電鉄・・・・・・・507万(42.8歳)
28位 遠州鉄道・・・・・・・492万(40.5歳)
29位 広島観光開発・・・・・480万(42.4歳)
30位 関東鉄道・・・・・・・474万(44.3歳)
31位 富山地方鉄道・・・・・460万(43.6歳)
32位 伊豆箱根鉄道・・・・・457万(40.0歳)
33位 豊橋鉄道・・・・・・・449万(40.6歳)
34位 静岡鉄道・・・・・・・437万(37.5歳)
35位 長野電鉄・・・・・・・414万(42.4歳)
36位 のと鉄道・・・・・・・376万(51.1歳)
37位 会津鉄道・・・・・・・367万(46.3歳)
38位 一畑電気鉄道・・・・・359万(45.0歳)
39位 福井鉄道・・・・・・・336万(48.3歳)
40位 島原鉄道・・・・・・・333万(46.2歳)
-位 伊予鉄道 - -
-位 岳南鉄道 - -

鉄道会社は平均年収が高いイメージがありますが、実際には幅広いことがわかります。

規模が大きい鉄道会社ほど平均年収が高い傾向にあります。

また、地方で規模が小さい鉄道会社ほど平均年収が低い傾向にあります。

1位は「近鉄グループホールディングス」です。

2位は「相鉄ホールディングス」です。

神奈川地盤え、JR、東急との相互接続を計画しています。

不動産事業、ホテル事業に注力しています。

3位は「京阪ホールディングス」です。


【2018年 私鉄各社 従業員数ランキング】

A【従業員数】(*)は持株会社
1位 近鉄グループHD・・・・・・・ 7468人
2位 名古屋鉄道・・・・・・・・・・5195人
3位 東京急行電鉄・・・・・・・・・4711人
4位 西日本鉄道・・・・・・・・・・4628人
5位 小田急電鉄・・・・・・・・・・3849人
6位 東武鉄道・・・・・・・・・・・3524人
7位 京浜急行電鉄・・・・・・・・・2753人
8位 南海電気鉄道・・・・・・・・・2615人
9位 京王電鉄・・・・・・・・・・・2518人
10位 広島電鉄・・・・・・・・・・ 1737人
11位 京成電鉄・・・・・・・・・・ 1688人
12位 遠州鉄道・・・・・・・・・・ 1624人
13位 関東鉄道・・・・・・・・・・・734人
14位 山陽電気鉄道・・・・・・・・・725人
15位 首都圏新都市鉄道・・・・・・・684人
16位 神戸電鉄・・・・・・・・・・・495人
17位 静岡鉄道・・・・・・・・・・・493人
18位 伊豆箱根鉄道・・・・・・・・・478人
19位 新京成電鉄・・・・・・・・・・474人
20位 富山地方鉄道・・・・・・・・・465人
21位 北陸鉄道・・・・・・・・・・・330人
22位 西武HD(*)・・・・・・・・・・ 311人
23位 秩父鉄道・・・・・・・・・・・294人
24位 島原鉄道・・・・・・・・・・・293人
25位 富士急行・・・・・・・・・・・248人
26位 江ノ島電鉄・・・・・・・・・・227人
27位 豊橋鉄道・・・・・・・・・・・189人
28位 福井鉄道・・・・・・・・・・・187人
29位 長野電鉄・・・・・・・・・・・186人
30位 京阪HD(*)・・・・・・・・・・ 132人
31位 京福電気鉄道・・・・・・・・・114人
32位 横浜高速鉄道・・・・・・・・・109人
33位 阪急阪神HD(*)・・・・・・・・・86人
34位 相鉄HD(*)・・・・・・・・・・・81人
35位 会津鉄道・・・・・・・・・・・・67人
36位 一畑電気鉄道・・・・・・・・・・60人
37位 のと鉄道・・・・・・・・・・・・47人
38位 広島観光開発・・・・・・・・・・25人
39位 関西高速鉄道・・・・・・・・・・7人
-位 伊予鉄道 -
-位 岳南鉄道 -
-位 東京メトロ -

1位は「近鉄グループホールディングス」です。

2位は「名古屋鉄道」です。

「名古屋鉄道」はドローンの操縦士養成学校を開校し、鉄道収入と無関係な異業種への参入も進めている鉄道会社です。


○最新版!2018年 私鉄各社 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2018年 私鉄各社 売上高ランキング!」
○最新版!2018年 私鉄各社 経常利益ランキング!はこちら⇒
「最新版!2018年 私鉄各社 経常利益ランキング!」
○最新版!2018年 有利子負債ランキング!はこちら⇒
「最新版!2018年 私鉄各社 有利子負債ランキング!」
○最新版!2018年 JR(ジェイアール)各社 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2018年 JR(ジェイアール)各社 売上高ランキング!」
○最新版!2018年 JR(ジェイアール)各社 経常利益ランキング!はこちら⇒
「最新版!2018年 JR(ジェイアール)各社 経常利益ランキング!」
○最新版!2018年 JR(ジェイアール)各社 平均年収&従業員数ランキング!はこちら⇒
「最新版!2018年 JR(ジェイアール)各社 平均年収&従業員数ランキング!」
○最新版!2016年 運輸・運送業界(陸運) 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2016年 運輸・運送業界(陸運) 売上高ランキング!」
○最新版!2018年 家電量販店業界 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2018年 家電量販店 売上高ランキング!」
○最新版!家電量販店他 各種ランキング一覧は!こちら⇒
「最新版!家電量販店ランキング一覧!」

【各業界・業種別 業績ランキング】
「【最新版】各業界・業種別 業績ランキング一覧【業界地図】!」

【その他ランキング】
○最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!はこちら(※別サイト)⇒
「最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!」

posted by カデンちゃん at 02:53| Comment(0) | ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

【最新版】品川の家電量販店の勢力図が変わる!JR山手線50年ぶりの新駅「高輪ゲートウェイ」開業!


以前から、「上野東京ライン」の開業や、家電量販店の空白地帯である東京駅や品川駅の開発次第では家電量販店の勢力図が変わる可能性があると予想してきました。

○「上野東京ライン」開業で家電量販店の勢力図は変わるか?はこちら⇒
「「上野東京ライン」開業で家電量販店の勢力図は変わるか?」

その後、東京駅にはヤマダ電機が出店しました。

○東京駅・八重洲口にヤマダ電機「Concept LABI TOKYO」が誕生!はこちら⇒
「ヤマダ電機が地方店40店を一斉閉鎖!新規出店は都市部中心に」

首都圏で残る空白地帯は品川ですが、2020年春に、JR山手線の田町・品川駅間に新たに「高輪(たかなわ)ゲートウェイ」が誕生します。

今後、JR東日本は新駅(高輪ゲートウェイ)周辺の約13haの巨大な敷地を「グローバルゲートウェイ品川」として、5000億円を投じて再開発します。

また、山手線と京浜東北線の線路を東側に最大約120m移設し、オフィスやホテル、商業施設を含む高層ビル7棟を完成させ2024年ごろに街開きをする予定です。

現在、高輪ゲートウェイの隣駅となる品川、田町の駅前には、家電量販店はありません。

首都圏は、北部の池袋エリア、西部の新宿・渋谷エリア、東部の秋葉原・有楽町エリアにはビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機の大型店が出店済みで家電量販店の激戦区です。

南部の品川エリアのみが、家電量販店の大型店の出店がありません。

品川駅はJR東海の「リニア中央新幹線」が2027年に開通予定で、新幹線と在来線の乗り換え駅として利用者増が見込まれます。

今後、「高輪ゲートウェイ」周辺の品川エリアに家電量販店が進出する可能性は高いです。

品川駅はビジネス街としては栄えていますが、百貨店や家電量販店やショッピングモール等の商業施設は出店しておらず、商業エリアとしては今一つです。

品川駅(高輪口)から行ける品川プリンスホテル内にある水族館(マクセル アクアパーク品川)が有名ですが、他の商業施設のボリュームがなく、わざわざ駅から出ようとは思わないんですね。

「高輪ゲートウェイ」周辺の品川エリアの再開発がきっかけとなり、商業施設へのアクセスや人の流れが変わり、家電量販店の激戦区となることが予想されます。

JRの施設の相性が良いのは「ビックカメラ」です。

新横浜、八王子、名古屋、鹿児島島ではJRの施設にビックカメラがテナントとして入っています。

逆に相性が良くないのは「ヨドバシカメラ」です。

名古屋ではJRの施設に当初「ヨドバシカメラ」が入る予定でしたが、施設建設の遅延で撤退しました。

「ヨドバシカメラ」が名古屋地裁にJR東海側を訴えた報道機関を賑わせました。

ともかく、洗練されたイメージがある品川に都市型家電量販店の「ビックカメラ」、「ヨドバシカメラ」、「ヤマダ電機」や"提案・体験型"の洗練された家電量販店「蔦屋家電」などが出店してくれればうれしいですね。


○最新版!2018年 家電量販店業界 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2018年 家電量販店 売上高ランキング!」
○最新版!家電量販店他 各種ランキング一覧は!こちら⇒
「最新版!家電量販店ランキング一覧!」

【各業界・業種別 業績ランキング】
「【最新版】各業界・業種別 業績ランキング一覧【業界地図】!」

【その他ランキング】
○最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!はこちら(※別サイト)⇒
「最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!」

posted by カデンちゃん at 15:07| Comment(0) | 勢力図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

ヤマダ電機が大塚家具と業務提携!「家電住まいる館」で大塚家具の家具を販売!ノウハウを活用!


ヤマダ電機が大塚家具と業務提携すると発表しました。

ヤマダ電機は全国に展開する「家電住まいる館」およそ60店舗で、大塚家具の家具を販売します。

また、ヤマダ電機は大塚家具から家具販売のノウハウの提供を受けたり、人的交流を進めます。

さらに、ホテルや旅館への家電や家具の納入や、物流分野での協業も視野に入れています。

業務提携の趣旨や内容の詳細は以下となります。


【業務提携の趣旨】

ヤマダ電機は少子高齢化、人口減、ネット社会の浸透等、社会ニーズの変化への対応として、家電をコアに生活インフラとしての「住宅まるごと提案」を行っています。

家電と親和性の高い住宅、リフォーム、住宅設備機器、住空間の家具雑貨関係の提案に加え、各種金融商品の提供や不動産情報の提供、カフェコーナー等が一体となった新業態店舗「家電住まいる館」の開発を行っており、平成31年1月末時点で59店舗を改装オープンしています。

ヤマダ電機の『「家電から快適住空間」のトータルコーディネート提案』には、家具販売のノウハウと人的リソースの強化及び品揃えの充実を必要としています。

一方、大塚家具は、家具・インテリア販売業として「上質な暮らしを提供する」ことを目指し、ソリューション提案のできるインテリアコーディネーター等の資格や家具・インテリア販売のノウハウ・スキルを持つ人材を多数擁しており、直営店での販売のみならず、百貨店や住宅事業者の家具売り場の運営に商品やノウハウの提供を行っています。

また、さらなる暮らしのソリューション提案を目指し、リフォーム等の周辺分野ヘの拡大を指向しており、ノウハウとリソースを必要としております。

相互の強みを生かし、互いの持つノウハウを共有することで消費者ニーズにきめ細やかな対応が可能となり、さらなる企業価値向上をはかれるため今回の業務提携に至りました。


【業務提携の内容】

(1)ヤマダ電機「家電住まいる館」事業での提携

@ヤマダ電機が行う「家電住まいる館」事業に関して、大塚家具は、ヤマダ電機に対して、家具販売のノウハウ及び人的リソースの提供を行い、ヤマダ電機は、大塚家具に対して、家電やリフォーム等の家具販売以外の分野のノウハウの提供を行います。

A「家電住まいる館」事業での提携を通じて、ヤマダ電機の従業員が家具販売のノウハウを習得し、大塚家具の従業員が家電やリフォーム等の家具販売以外の分野のノウハウを習得することができるように相互にノウハウを提供し、家具にとどまらず、家電やリフォーム等を含む、住まいのトータル提案ができる人材の育成に相互に協力します。

B「家電住まいる館」の売り場での経験を踏まえ、ヤマダ電機が「家電住まいる館」で販売する商品についての大塚家具による商品企画、開発輸入及び卸売を検討します。

また、「家電住まいる館」のお客様のご要望により、大塚家具のオリジナル商品の提供を検討します。


(2)法人分野での提携

ホテルや旅館への家電・家具の納入における協業を検討します。


(3)その他

物流分野及びリフォーム分野での協業等も視野に検討します。


○最新版!2015年 家具・インテリア業界 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 家具・インテリア業界 売上高ランキング!」
○最新版!2018年 家電量販店業界 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2018年 家電量販店 売上高ランキング!」
○最新版!家電量販店他 各種ランキング一覧は!こちら⇒
「最新版!家電量販店ランキング一覧!」

【各業界・業種別 業績ランキング】
「【最新版】各業界・業種別 業績ランキング一覧【業界地図】!」

【その他ランキング】
○最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!はこちら(※別サイト)⇒
「最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!」

posted by カデンちゃん at 23:54| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする