ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると更新の励みになります。

小売・飲食業 ブログランキングへ

にほんブログ村

2019年12月01日

遂にオープン!「ヨドバシ梅田タワー」内の商業施設「リンクス梅田(LINKS UMEDA)」!


ヨドバシホールディングスは2019年11月16日(土)、JR大阪駅前の「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」を拡張し、新たな商業施設「リンクス梅田(LINKS UMEDA)」をオープンしました。

「リンクス梅田」には、日本初8店舗、関西初24店舗、大阪初13店舗を含む、テナント約200店舗が出店しています。

また、日本最大級の来店客数を誇る「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」と「リンクス梅田」を合わせると、延べ床面積は約220,000u、売り場面積は90,000uと日本最大級の複合商業施設となります。


【コンセプト】

「リンクス梅田」の施設コンセプトは、「つながる、ひろがる。ヨドバシカメラ&LINKSが巻き起こす新梅田ライフスタイル革命」。

ファッションや食・サービスなど、様々な店舗が約200店舗出店し、駐車場も1200台に増設し、ヨドバシカメラへの来客者、オフィスワーカー、ファミリーの客にも、毎日を便利に楽しく、特別にしてくれる場所を提供。


【売上目標】

「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」と「リンクス梅田」を合わせ、初年度売上高1700億円、来館者7700万人を目標。


【B1Fから8Fまでの9フロアにわたり、日本初・関西初など約200店舗が出店!】

「リンクス梅田」には、日本初8店舗、関西初24店舗、大阪初13店舗を含む、注目のテナント約200店舗が出店。

国産牛ホルモン・国産牛が2切れからご注文でき一人でも利用しやすい「B1F:焼肉ジャパン」や、産地から取り寄せたフルーツをふんだんに使用したタルトやパフェを提供するフルーツパーラー「GO・HO・U・BI PARLOR」自社工場での「made in Japan」が基本の、定番のパンプスとバレーシューズを取り扱う「fucca」がなど計8店舗が日本初出店。

バリエーション豊かなフリーズドライ食品を約100種類取り揃えた「アマノフリーズドライステーション」や、台湾の伝統的なお茶とフルーツティーとタピオカティーを提供する「JIATE×永福茶堂」など計24店舗が関西初出店。

また、「ニトリ」がライフスタイル提案型として約2600uでオープンするとともに、「ユニクロ」は従来の2倍の約2300u で移転オープン。

「ABC-MART」のフラッグシップショップ「GRAND STAGE」も登場。

様々な業種・業態の店舗が集積することにより、毎日を特別にしてくれる空間を創出しています。


【フロア構成】

地下1階から8階までファッションや食・サービスなど、様々な店舗が約200店舗出店。

「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」と「リンクス梅田」が繋がることで来客者の利便性が向上します。

5階にはヨドバシカメラのキッズフロアと合わせて約9900uのキッズ向けフロアが登場。

梅田への家族でのお出かけが更に充実し、楽しい家族の思い出をサポート。

6階には地域最大級の品揃えを誇るスポーツとアウトドア売り場が誕生しました。


【他施設にはない「リンクス梅田(LINKS UMEDA)」の強み】

「リンクス梅田」の強みは、日本最大級の来店客店数を誇る「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」と様々な部分で連携することでヨドバシへの来客者、更には梅田の街に来られる方々へ、便利で毎日使いたくなる場所を提供。


【日本最大級の来店客数を誇るヨドバシマルチメディア梅田】 

カメラ・家電量販店として日本最大級の35,600uの売場面積に増床する、「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」からお客を動員。

年間約5000万人の圧倒的集客力・コンテンツ力を誇るヨドバシカメラマルチメディア梅田と「リンクス梅田」の全フロアがつながることで、買物・過ごし方を広げる商業施設を目指します。

「リンクス梅田」の誕生によって、ヨドバシへの来客者の買物・過ごし方が変わり、日々の暮らしの可能性が無限に広がります。


【日本最大級の売り場面積】 

「リンクス梅田」と「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」を合わせると延べ床面積は90,000uとなり、これは甲子園約2.4個分に相当。

更に、品揃えも他施設に類を見ない200万点以上を用意。


【梅田周辺のアクセス向上】  

ヨドバシ梅田タワーの2階には、建物の外周をぐるりと1周するペデストリアンデッキが誕生。

将来的には「グランフロント大阪方面」「阪急大阪梅田駅方面」「芝田町方面」の3方向・5カ所が繋がり、周辺の全ての方向にアクセスが可能になります。

動線が分かりにくいと言われている梅田の街のアクセスが飛躍的に向上します。


【全てのお客様のことを考えたサ―ビス】

「リンクス梅田」では、ヨドバシカメラへの来客者をはじめ、オフィスワーカー、ファミリー、海外からの旅行客に快適に、便利に過ごしてもらうため、様々なサービスを用意。

買い物はもちろん、いまの梅田には不足している生活や旅行にも役立つ様々なサービスによって、来客者のライフスタイルが広がる時間を提供。


【家族にうれしい設備が充実】

「リンクスウメダ」では、小さな子供連れが安心して来店できるよう、様々なサービスを用意。

計30台以上のベビーベッドを備えた授乳室(地下1階、3-4階、7階)や、おむつ替えシート(地下4-1階)、ベビーチェア付き個室(地下1階、3-8階)、ベビー休憩室(おむつ替えコーナー、ベビーカー置き場を併設、5階)、キッズトイレ(5階)、ベビーカート貸出サービス(地下1階、1階)等を準備。


【梅田に不足しがちなカフェが15店舗】

スクエアエニックスカフェやスターバックスコーヒースペシャルティコーヒーストア、台湾ティーのゴンチャなど、合計15店舗の話題のカフェがオープン。

カフェが不足している梅田で、くつろぎと癒しの空間を提供。


【週末に家族で楽しむ梅田の新スポット】

5階には子供とファミリーが安心して楽しめるアミューズメント施設「モーリーファンタジー」や、地下1階に梅田地区に同店最大級の規模で初出店する、近鉄グループの近商ストアが運営するスーパーマーケット「食品専門館ハーベス」など、子どもの遊び場からスーパーまで全てを集め、梅田の中心地にも関わらず家族みんなで楽しむことができます。


【世界から梅田へ・日本中へ繋がるバスも整備】

1階北側には、横浜、新宿、東京、仙台など主要都市への直行便が発着するバスターミナルを整備。

バスターミナルの整備により渋谷やみなとみらい、更にディズニーランド直行便など国内人気スポットへのアクセスが向上。

また最大1時間4便の関西空港リムジンバスの到着地点となり、梅田がインバウンドのゲートウェイとして発展する拠点となります。


【約1200台を収容する駐車場】 

大阪・梅田のターミナル駅の駅前でありながら、約1200台という大型の駐車場を完備。

遠方からのお客や子ども連れの家族、大型のインテリアや家具を買うために車で来られる方にも、駐車場の不足を心配せずに安心して来店できます。

更に、ヨドバシグループが発行するクレジットカード、ゴールドポイントカード・プラスを持つ方には、駐車場の利用料金が1時間無料になります。


○ヨドバシカメラ梅田店が拡張(拡大)!大型商業施設新ビル建設!さらなる独走へ!はこちら⇒
「ヨドバシカメラ梅田店が拡張(拡大)!大型商業施設新ビル建設!さらなる独走へ!」
○遂に着工!JR大阪駅前に複合型高層タワー「ヨドバシ梅田タワー」誕生へ!はこちら⇒
「遂に着工!JR大阪駅前に複合型高層タワー「ヨドバシ梅田タワー」誕生へ!」
○ヨドバシカメラ「新宿西口本店」建て替え!売場面積約40,000u!国内最大級!はこちら⇒
「ヨドバシカメラ「新宿西口本店」建て替え!売場面積約40,000u!国内最大級!」
○ヨドバシカメラが原宿に出店!若者や団塊ジュニア世代取り込みへ!はこちら⇒
「ヨドバシカメラが原宿に出店!若者や団塊ジュニア世代取り込みへ!」
○ヨドバシカメラ仙台新ビル2018年10月開業に延期!約10万uの大規模再開発!はこちら⇒
「ヨドバシカメラ仙台新ビル2018年10月開業に延期!約10万uの大規模再開発!」
○ヨドバシカメラマルチメディア新潟駅前店が3月24日オープン!旧店舗から移転!はこちら⇒
「ヨドバシカメラマルチメディア新潟駅前店が3月24日オープン!旧店舗から移転!」
○ヨドバシが札幌駅前に大型店を出店!旧西武跡地、2020年までに!はこちら⇒
「ヨドバシが札幌駅前に大型店を出店!旧西武跡地、2020年までに!」
○最新版!2019年 家電量販店業界 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2019年 家電量販店 売上高ランキング!」
○最新版!家電量販店他 各種ランキング一覧は!こちら⇒
「最新版!家電量販店ランキング一覧!」

【各業界・業種別 業績ランキング】
「【最新版】各業界・業種別 業績ランキング一覧【業界地図】!」

【その他ランキング】
○最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!はこちら(※別サイト)⇒
「最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!」



posted by カデンちゃん at 00:52| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。