ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると更新の励みになります。

小売・飲食業 ブログランキングへ

にほんブログ村

2015年09月21日

2014年 家電量販店 アフターサービス ランキング!ヤマダ電機は8年連続最下位!

昨年「日経ビジネス」で発表された「2014年 家電量販店 アフターサービスランキング」を以下に紹介します。

日経ビジネスがアンケートを実施し得た、1万6421人からの有効回答を基にランキングを作成しています。

○2014年 家電量販店 アフターサービスランキング

1位 ケーズデンキ
2位 上新電機
3位 ヨドバシカメラ
4位 エディオン
5位 ベスト電器
6位 ソフマップ
7位 コジマ
8位 ビックカメラ
9位 ノジマ  
10位 ヤマダ電機

なんと!ヤマダ電機は2007年から8年連続最下位です。

ヤマダ電機は人口減やネット社会の進展に対応するため、不採算店舗の一斉閉鎖、店舗の全店改装など構造改革を進めています。

今後は「家に関わるモノやサービスをまるごと提案できる企業を目指す」と、従来の量販店のビジネスモデルからの転換を急いでいます。

特にスマート住宅やリフォームなど住宅分野に力を入れるそうです。今後あらゆるもの(家電)が繋がるIoT(Internet of Things)時代を見据えると方向性は間違っていないし、戦略としては正しいかと思います。

ヤマダ電機の効率経営、安さ追求は目を見張るものがあります。

ヤマダ電機の社長は元日本ビクターの技術者です。文系出身者にはない理系出身者の斬新な発想で業界一位を築きました。

しかし、今回のアフターサービスランキングの結果からわかるように、サービス面は競合他社に負けています。

時代に合わせた戦略転換は必要でしょうが、現在、消費税増や人口減の影響で衰退が顕著なヤマダ電機に本質的に必要なところは、接客レベルの向上、アフターサービスの充実など、今まで劣っていた基本的なサービス面の強化ではないでしょうか。高齢者の利用者やリピータを増やすためには避けて通れません。

今後ヤマダは「顧客満足度、アフターサービスで業界一位を目指す」と明示的に表明してくれれば、企業価値の向上にも繋がると思います。

○インターネット通販 アフターサービスランキングはこちら⇒「2014年 ネット通販 アフターサービスランキング!上新電機に存在感あり!」
○最新版!家電量販店業界 売上高ランキングはこちら⇒
「最新版!2015年 家電量販店 売上高ランキング!」
○最新版!家電量販店ランキング一覧はこちら⇒「最新版!家電量販店ランキング一覧!」

posted by カデンちゃん at 11:52| Comment(0) | ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: