ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると更新の励みになります。

小売・飲食業 ブログランキングへ

にほんブログ村

2015年12月28日

最先端!ビックカメラ新戦略の全ぼう!「爆買い」需要を全て取り込みへ!

ビックカメラの訪日外国人戦略が進んでいます。

ライバル視するのは、「爆買い」需要を取り込んでいる家電量販店のラオックス。

「爆買い(インバウンド)需要」の取り込み策を矢継ぎ早に発表しています。

競合他社は日本国内の店舗の一部を免税店に変更していますが、ビックカメラは中国国内から日本のビックカメラの店舗へ誘導したり、ネットで商品を購入できるようにします。

競合他社が点の対応とすると、ビックカメラは線の対応をしようとしています。

ビックカメラの新戦略の全ぼうは以下の4点です。

@ビックカメラと中国格安航空LCC大手「春秋航空」が提携!新たな買い物ツアーも!

○特集記事はこちら⇒
「ビックカメラと中国格安航空LCC大手「春秋航空」が提携!新たな買い物ツアーも!」

まず、ビックカメラは中国最大のLCC「春秋航空」を傘下にもつ「春秋グループ」との業務提携を発表しました。ビックカメラは店舗で使える割引券を飛行機内で配布したり、機内誌に情報を載せたりして春秋航空を利用する中国人訪日客をビックカメラに誘導します。

また「春秋グループ」の旅行会社とも提携して、ビックカメラの買い物ツアーをつくることも検討しています。

免税店大手「ラオックス」の人気があるのは、日本ツアーの一部にラオックスでの買い物が組み込まれているのが影響していますから、有効な施策です。


A「爆買い」取り込め!ビックカメラが羽田空港に免税店を出店へ!

○特集記事はこちら⇒
「「爆買い」取り込め!ビックカメラが羽田空港に免税店を出店へ!」

さらにラオックスは10月に羽田空港の国際線ターミナルに免税店をオープンさせましたが、これに対抗しようと、ビックカメラも「日本空港ビルデング」と協力し、羽田空港の到着ゲートから近い好立地に店舗をオープンし、ラオックスに対抗する狙いです。


Bビックカメラ×シダックス訪日外国人向けコラボ店!新宿セントラルロードクラブ!

○特集記事はこちら⇒
「ビックカメラ×シダックス訪日外国人向けコラボ店!新宿セントラルロードクラブ!」

都内への旅行者にはカラオケショップを展開するシダックスとコラボ店をオープンするなど、ビックカメラの実店舗以外にも新業態を出店します。


Cビックカメラが中国家電量販大手「国美電器」と提携!ネット通販で中国進出!

○特集記事はこちら⇒
「ビックカメラが中国家電量販大手「国美電器」と提携!ネット通販で中国進出!」

ビックカメラの実店舗でビックカメラのファンになってもらい、帰国後は中国の家電量販最大手の「国美電器」のネット通販で継続してビックカメラの商品を購入してもらう戦略です。


以上、訪日中国人を取り込むため、中国国内からツアーの企画、飛行機の中での宣伝、ビックカメラの店舗での免税対策、空港免税店での対応、帰国後のネット通販サイトでの商品販売とこれでもかと訪日外国人対策を予定・実施しています。

これほどまでの戦略を実現できたのは、インバウンド消費を予測し、交渉してきた成果でしょう。

他社に先駆けてLCC大手「春秋航空」、中国家電量販店最大手「国美電器」と提携でき、「日本空港ビルデング」と協力し、羽田空港一等地への出店できることが今後の強みとなるでしょう。

競合他社が同じことを実現しようとしても、時間がかかりますし、既に大手はビックカメラと提携済みです。

他社より何歩も進んだ訪日外国人の対策で、打倒ラオックスを目指します。

ラオックスの中国人留学生 不法就労事件の影響もあります。

○特集記事はこちら⇒
「「爆買い」が原因?免税店大手「ラオックス」による中国人留学生 不法就労事件!」

「爆買い」需要を全て取り込むのはビックカメラかもしれませんね。

○ビックカメラなんば店に平成29年春、空港型免税店がオープン!ロッテ免税店が協力!はこちら⇒
「ビックカメラなんば店に平成29年春、空港型免税店がオープン!ロッテ免税店が協力!」
○「爆買い」貢献 最高益!日本国内最大規模 総合免税店「ラオックス」!はこちら⇒
「「爆買い」貢献 最高益!日本国内最大規模 総合免税店「ラオックス」!」
○最新版!家電量販店業界 売上高ランキングはこちら⇒
「最新版!2015年 家電量販店 売上高ランキング!」
○最新版!家電量販店ランキング一覧はこちら⇒
「最新版!家電量販店ランキング一覧!」

posted by カデンちゃん at 00:00| Comment(0) | 経営戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: