ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると更新の励みになります。

小売・飲食業 ブログランキングへ

にほんブログ村

2016年02月04日

シャープ、台湾・鴻海(ホンハイ)傘下で再建へ!産業革新機構とは決裂!方針決定!

経営不振に陥っている「シャープ」は2月4日、7,000億円を超える規模の資金を投じて買収を提案した台湾の大手電子機器メーカー「鴻海(ホンハイ)精密工業」傘下で再建する方針を決めました。

シャープは、台湾の「鴻海(ホンハイ)精密工業」と、国と民間が作る官民ファンド「産業革新機構」から再建策の提案を受けて、協議してきました。

「鴻海(ホンハイ)精密工業」は台湾に本社を置く電子機器受託製造(EMS)の世界最大手で、郭台銘会長(かく たいめい、テリー・ゴウ)が1974年に設立しました。

売上高は15兆円、従業員は100万人を超えています。

自社ブランドを持たないため、超巨大な中小企業とも言われています。下請ということですね。

各国から電子部品を仕入れ、安価に製品を組み立てる手法で成長してきました。

日米の大手電機から、スマートフォンやテレビ、ゲーム機などの生産を受託しています。

アップル「iPhone」、ソフトバンクモバイル「pepper(ペッパー)」、任天堂「Wii U」等の製造を手がけており、「フォックスコン(Foxconn)」のブランド名で知られています。

2014年12月期の連結売上高は約15兆円、連結最終(当期)利益は約4600億円にも上ります。

今回の買収は、悲願の自社ブランドを持つためと言われています。

また、「産業革新機構(INCJ)」は、“オープンイノベーション”の考え方に基づき、次世代の国富を担う産業を創出するため、産業界との連携を通した様々な活動を行っています。

もともとシャープは、液晶技術を国外に流出させないという国の意向を踏まえ、「産業革新機構」から3,000億円の出資を受け入れる予定でした。

しかし、「ホンハイ」側が最終局面で、支援金額を大幅に上積みし、7,000億円を超える規模の資金を投じることを提案したそうです。

この結果、シャープは2月4日の取締役会で支援額の規模で圧倒的なホンハイと優先して交渉を行う方針を決めました。

シャープは、台湾資本の傘下で再建を目指すことになります。

シャープの高橋興三社長は記者会見で「今、社内のリソース(経営資源)を、「産業革新機構」と「ホンハイ」のどちらとの交渉にかけていると言えばホンハイだ」と述べ、優先して交渉する方針を認めました。

また、懸念される技術の流出については「ホンハイとのこれまでの関係で技術が流出したことはない」と述べる一方、「交渉の中で、もし理屈に合わないことが始まるのであれば、それは決裂だ」とも述べました。

ホンハイは先月末、経営トップの郭台銘会長みずからシャープの経営陣に対し、再建策を説明し、雇用も守るなどと強調しました。

この説明を受け、シャープとしてはホンハイの資金力と、大口の取り引き先であるアメリカのアップルとの強い関係を活用することで、再建の可能性が高まると判断したとみられます。

「ホンハイ」なら、ブランド、人材、技術は守られます。「産業革新機構」ならブランドはなくなり、リストラ、液晶技術は「ジャパンディスプレイ」に吸収される可能性があります。

ただ、シャープは、ホンハイとの交渉が決裂する事態も想定して、「産業革新機構」とも引き続き交渉する選択肢を残すことにしており、最終的には今後1ヶ月をめどに決定する方針です。

「産業革新機構」側は「われわれとしてもシャープとの交渉を行っていきたい」とコメントしています。

家電量販店でシャープの商品はとにかく故障が多かったです。液晶TVはいいとしても、ノートPCは10台に1台は故障して返品される始末でした。その分安くはあったのですが・・・。二流というイメージでした。

来るところまで来たかという感じです。

○鴻海(ホンハイ)交渉期限を延長!シャープ再建早くも暗雲!革新機構はシャットアウト!はこちら⇒
「鴻海(ホンハイ)交渉期限を延長!シャープ再建早くも暗雲!革新機構はシャットアウト!」
○シャープ、鴻海(ホンハイ)入り決定!外資傘下!追加債務3500億!契約延期!はこちら⇒
「シャープ、鴻海(ホンハイ)入り決定!外資傘下!追加債務3500億!契約延期!」
○シャープ経営再建案が週内にも決定!鴻海(ホンハイ)案か?産業革新機構案か?はこちら⇒
「シャープ経営再建案が週内にも決定!鴻海(ホンハイ)案か?産業革新機構案か?」
○シャープ買収へ鴻海(ホンハイ)不協和音!産業革新機構の支援策受け入れも!はこちら⇒
「シャープ買収へ鴻海(ホンハイ)不協和音!産業革新機構の支援策受け入れも!」
○縮む国内家電市場!2015年出荷額減少!シャープや東芝など家電メーカー再編!はこちら⇒
「縮む国内家電市場!2015年出荷額減少!シャープや東芝など家電メーカー再編!」
○最新版!2015年 大手電機メーカー 売上高(業績) ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 大手電機メーカー 売上高(業績) ランキング!」
○最新版!2015年 国内 自動車メーカー 売上高(業績) ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 国内 自動車メーカー 売上高(業績) ランキング!」
○最新版!2015年 家電量販店業界 売上高ランキングはこちら⇒
「最新版!2015年 家電量販店 売上高ランキング!」
○最新版!家電量販店ランキング一覧はこちら⇒
「最新版!家電量販店ランキング一覧!」

posted by カデンちゃん at 22:50| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: