ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると更新の励みになります。

小売・飲食業 ブログランキングへ

にほんブログ村

2016年02月27日

鴻海(ホンハイ)交渉期限を延長!シャープ再建早くも暗雲!革新機構はシャットアウト!

シャープは2月25日の取締役会で台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業からの支援受け入れを決定しましたが、「偶発債務」の存在が明らかになり、両社の主張の食い違いが表面化しています。

鴻海はシャープの財務情報を精査する必要があるとして、支援契約を保留しています。

鴻海の郭台銘(テリー・ゴウ)董事長は3500億もの「偶発債務」の存在を知らされていなかったと激怒し、シャープに不信感を持っています。

鴻海は支援の7000億円以外にも3500億追加で費用がかかるかもしれません。

シャープの高橋興三社長が急遽2月26日、中国を訪れ、鴻海の郭台銘会長と会談しました。

鴻海側から、シャープに期限延長の話があり、シャープは受け入れました。

買収の交渉期限を当初の2月29日から1〜2週間程度、延長となり、決着は3月にずれ込みます。

保留の原因となったシャープの潜在的負債にあたる「偶発債務」の存在について、シャープは2月26日に声明を発表し、「会計基準に基づき、適切に開示している」と主張しています。

しかし、鴻海は、「大部分の内容が双方が過去に協議した際に提出、通知されたことがなかった」との声明を発表し、シャープの主張を否定しています。

両社とも早期の契約を目指して協議を継続する方針ですが、話がこじれると市場が混乱し、シャープの企業価値の低下にも繋がります。

一方、シャープ支援に名乗りを上げていた官民ファンドの「産業革新機構」は2月26日を持って、支援の議論を終えたとの認識を示しました。

過去、鴻海がシャープ本体への出資で合意しましたが、その後、株価下落が原因で実現しなかったこともありましたから、お互い様かもしれません。

シャープの主張どおり「偶発債務」が適切に開示されていたなら、鴻海の調査不足ということになります。

「産業革新機構」が支援から撤退した今、「鴻海(ホンハイ)」とも破談したとなると、3500億もの「偶発債務」の存在が知れ渡った以上、シャープは破綻の一途となるでしょう。

仮に、鴻海が「偶発債務」を受け入れたとしても、当初約束したシャープ従業員の雇用も、守られない可能性が大きいです。債務3500億を回収(吸収)しなければなりませんから。

あと、数週間、予断を許さない状況が続きます。

○鴻海(ホンハイ)の狙いはシャープの技術力!高品質な液晶・有機ELを量産へ!はこちら⇒
「鴻海(ホンハイ)の狙いはシャープの技術力!高品質な液晶・有機ELを量産へ!」
○シャープ、鴻海(ホンハイ)入り決定!外資傘下!追加債務3500億!契約延期!はこちら⇒
「シャープ、鴻海(ホンハイ)入り決定!外資傘下!追加債務3500億!契約延期!」
○シャープ経営再建案が週内にも決定!鴻海(ホンハイ)案か?産業革新機構案か?はこちら⇒
「シャープ経営再建案が週内にも決定!鴻海(ホンハイ)案か?産業革新機構案か?」
○シャープ買収へ鴻海(ホンハイ)不協和音!産業革新機構の支援策受け入れも!はこちら⇒
「シャープ買収へ鴻海(ホンハイ)不協和音!産業革新機構の支援策受け入れも!」
○シャープ、台湾・鴻海(ホンハイ)傘下で再建へ!産業革新機構とは決裂!方針決定!はこちら⇒
「シャープ、台湾・鴻海(ホンハイ)傘下で再建へ!産業革新機構とは決裂!方針決定!」
○縮む国内家電市場!2015年出荷額減少!シャープや東芝など家電メーカー再編!はこちら⇒
「縮む国内家電市場!2015年出荷額減少!シャープや東芝など家電メーカー再編!」
○最新版!2015年 大手電機メーカー 売上高(業績) ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 大手電機メーカー 売上高(業績) ランキング!」
○最新版!2015年 国内 自動車メーカー 売上高(業績) ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 国内 自動車メーカー 売上高(業績) ランキング!」
○最新版!2015年 家電量販店業界 売上高ランキングはこちら⇒
「最新版!2015年 家電量販店 売上高ランキング!」
○最新版!家電量販店ランキング一覧はこちら⇒
「最新版!家電量販店ランキング一覧!」

posted by カデンちゃん at 23:35| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: