ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると更新の励みになります。

小売・飲食業 ブログランキングへ

にほんブログ村

2016年03月08日

鴻海(ホンハイ)がソフトバンクに出資要請!シャープ買収巡り最終調整!

シャープ買収を表明している台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業は、3月7日にも正式契約を結ぶと報じられていましたが、契約は見送られています。

鴻海の郭台銘会長(かく たいめい、テリー・ゴウ)は、シャープの偶発債務(将来負債となる恐れのある債務)の精査を進めてきました。

当初、偶発債務は3500億円規模とも報じられていましたが、鴻海は精査した結果、数百億円と判断したようです。

現在、シャープ買収の大詰めの調整が行われていて、正式契約は今週中となりそうです。

実は鴻海は買収するシャープについて、ソフトバンクグループにも出資を求めています。

鴻海はシャープの株式の過半を取得して経営権を握る予定です。

ソフトバンク側の出資比率として10〜20%程度を想定し、孫社長の個人的な出資を含めて協議を進めているようです。

ソフトバンクはシャープの主力製品であるスマートフォン(スマホ)の重要顧客であり、日本の有力企業の出資も仰いで経営を安定させたいのです。

ソフトバンクの出資が得られればソフトバンクや傘下の米携帯大手スプリントでスマホの販売拡大を期待できます。

鴻海はソフトバンクのヒト型ロボット「ペッパー」の受託生産を手掛けており、鴻海の郭台銘董事長とソフトバンクグループの孫正義社長は親しい関係です。

孫社長は2015年6月に鴻海などと組んでインドで太陽光発電事業に参入すると発表しました。

ソフトバンクはシャープの太陽光発電所の運営ノウハウを利用できます。

ソフトバンクのシャープへの出資は個人的には賛成です。

外資の資本だけでなく、日本の資本が入っていた方が、ブランドイメージはよいです。

鴻海の郭台銘会長の行き過ぎた改革にも、孫正義社長が助言をしてくれそうですしね。

鴻海(シャープ)、ソフトバンクでは相乗効果も見込めそうです。

実現してほしいなと思います。

○鴻海(ホンハイ)によるシャープ買収劇!まとめリンク集!それぞれの思惑は?はこちら⇒
「鴻海(ホンハイ)によるシャープ買収劇!まとめリンク集!それぞれの思惑は?」
○最新版!2015年 大手電機メーカー 売上高(業績) ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 大手電機メーカー 売上高(業績) ランキング!」
○最新版!2015年 国内 自動車メーカー 売上高(業績) ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 国内 自動車メーカー 売上高(業績) ランキング!」
○最新版!2015年 家電量販店業界 売上高ランキングはこちら⇒
「最新版!2015年 家電量販店 売上高ランキング!」
○最新版!家電量販店ランキング一覧はこちら⇒
「最新版!家電量販店ランキング一覧!」

posted by カデンちゃん at 23:11| Comment(0) | 経営戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: