ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると更新の励みになります。

小売・飲食業 ブログランキングへ

にほんブログ村

2016年05月30日

米ギャップ低価格戦略に誤算!オールドネイビー日本撤退!アパレル世界大手!

アパレル世界大手の米ギャップが低価格衣料品店「オールドネイビー」の日本撤退を決めました。

日本に参入して4年。

撤退に追い込まれたのは安さ以外の強みを打ち出せなかったためです。

ギャップは米国で5月19日、53店舗ある日本のオールドネイビー全てを2017年1月末までに閉めると発表。

日本からの撤退を知った30代女性の客は「ショッピングで立ち寄ったけど、デザインや品質でライバルに見劣りするから他店に行く」と答えました。

日本での販売状況は公開されていませんが、ギャップのアートペック最高経営責任者(CEO)は「日本は消費を巡る環境が厳しい」と述べました。

苦戦を強いられる日本に見切りを付けて、中国などに経営資源を移します。

年間1兆7000億円を売り上げる衣料品世界3位のギャップ。

日本では1995年の「ギャップ」、2005年の高価格品店「バナナリパブリック」に続き、2012年に低価格市場の拡大を見込んで「オールドネイビー」の出店を開始。

当初こそ米国の雰囲気が濃厚で価格が安い「アメリカンカジュアル」が消費者を引きつけましたが、徐々に客足が遠のきました。

米国で売っているのと同じ商品を持ち込むだけで、日本の消費者ニーズの変化に対応できませんでした。

「サイズが外国人向けで(ファーストリテイリング傘下の)ジーユーのほうが日本人にあっている」と話す20代女性もいます。

日本市場への消費者との向き合い方が客離れにつながった可能性があります。

価格戦略も見誤りました。

上位ブランドのギャップが販売てこ入れのために、40〜50%引きのセールを頻繁に実施。

ギャップより低価格帯の商品を扱うオールドネイビーはさらなる値下げを迫られ、収益が圧迫。

オールドネイビーはジーユー、しまむらなどと並び、国内のカジュアル衣料品の最低価格帯で競い合ってきました。

最近強まっている消費者の節約志向は各社にとって追い風のはずなのに、明暗が分かれました。

しまむらは「裏地あったかパンツ」といった独自に企画した新商品で低価格と高機能を両立させ、市場を開拓。

需要が好調なため、2016年度から3年間の出店数をその前の3年間に比べて3割増やす計画です。

「事業を継続できなくなる競合他社が今後出てくる」とみて、出店戦略を加速させてきました。

ジーユーは昨春に裾の広い膝丈の「ガウチョパンツ」が大ヒット。

今春にはスカートとパンツの中間のようなボトムス「スカンツ」もヒットさせました。

新しいファッションのトレンドを相次ぎ生み出し、デザインと低価格を両立させています。

収益も好調です。

長年続いたデフレで低価格品に慣れ親しんだ日本の消費者は「安さ」と「品質(デザイン、機能)」を求めるようになっていると言えそうです。

○最新版!2015年 アパレル業界(世界) 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 アパレル業界(世界) 売上高ランキング!」
○最新版!2015年 アパレル業界(国内) 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 アパレル業界(国内) 売上高ランキング!」
○客離れのユニクロが低価格路線へ原点回帰!値上げが消費者に受け入れられず!はこちら⇒
「客離れのユニクロが低価格路線へ原点回帰!値上げが消費者に受け入れられず!」
○最新版!2015年 全国百貨店 店舗別 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 全国百貨店 店舗別 売上高ランキング!」
○最新版!2015年 ショッピングモール(SC) 店舗別 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 ショッピングモール(SC) 店舗別 売上高ランキング!」
○小売業界全体 売上ランキングはこちら⇒
「最新版!2015年 小売業界全体 売上高ランキング!」
○2015年 コンビニエンスストア(CVS) 売上高&店舗数&平均日販ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 コンビニエンスストア(CVS) 売上高&店舗数&平均日販ランキング!」
○最新版!2015年 スーパーマーケット 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 スーパーマーケット 売上高ランキング!」
○最新版!2015年 家電量販店業界 売上高ランキングはこちら⇒
「最新版!2015年 家電量販店 売上高ランキング!」
○最新版!家電量販店ランキング一覧はこちら⇒
「最新版!家電量販店ランキング一覧!」

posted by カデンちゃん at 19:38| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。