ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると更新の励みになります。

小売・飲食業 ブログランキングへ

にほんブログ村

2016年09月07日

ケーズHD、PCデポ株、すべて売却!持ち合い圧縮の一環!解約料問題に関係なく!

ケーズホールディングスは保有するピーシーデポコーポレーション株を全て売却しました。

2016年3月末時点では発行済み株式の1.97%分を保有し、有価証券報告書に第8位株主として記載されていましたが、2016年8月末までに売却した模様です。

2015年6月1日から上場企業に適用された企業統治指針を受け、持ち合い株を圧縮する一環だそうです。

企業統治指針とは企業がとるべき行動規範のことで、「コーポレートガバナンス・コード」とも呼ばれています。

ケーズHDは1999年、PCデポのパソコン専門店を運営するフランチャイズ契約を結びました。

2010年9月にはPCデポへの出資を増やし、第2位株主だったこともあります。

しかしケーズHDは昨年の企業統治指針を受け、政策保有株を全て売却する方針を決めています。

PCデポは今年8月中旬以降、高齢者に高額な会員サービス解約料を請求したとして批判が相次いでおり、客離れなどによる業績悪化が確実です。

ただし、ケーズHDでは「株式売却は今回の問題と関係なく、昨年から進めていた」としています。

現在、ケーズHDはPCデポのフランチャイズ店舗を運営していません。

今後、PCデポは業績悪化が確実視され、業績が向上しないようだと、他社との提携もありえます。

ただし、ヤマダ電機はパソコン専門店のツクモ、ビックカメラはソフマップ、ヨドバシカメラは独自経営ですので、提携するならケーズHDかと思っていましたが、今回のPCデポ株の売却で提携はなさそうです。

となれば、兄弟が運営するノジマでしょう。

ノジマはデジタル家電に力を入れていますし、PCデポとの相性も良さそうです。

今後、PCデポの業績がどうなるかは未知数ですが、ノジマとの提携は可能性がありそうです。

あくまで兄弟の仲が悪くなければですが。

○批判殺到!PCデポの高額サポート契約解除料が「10万円」!はこちら⇒
「批判殺到!PCデポの高額サポート契約解除料が「10万円」!」
○PCデポコーポレーションはITの「かかりつけ医」!操作苦手な中高年つかむ!はこちら⇒
「PCデポコーポレーションはITの「かかりつけ医」!操作苦手な中高年つかむ!」
○ノジマが東証1部へ市場変更!キャリアショップ大手ITX買収効果!はこちら⇒
「ノジマが東証1部へ市場変更!キャリアショップ大手ITX買収効果!」
○ノジマの携帯販売大手ITX買収についてはこちら⇒「小が大を飲み込む買収劇!ノジマが携帯販売大手ITXを買収!」
○どれがお得?おすすめ格安SIMカードランキング!はこちら⇒
「どれがお得?おすすめ格安SIMカードランキング!」
○最新版!2015年 大手携帯電話事業者(キャリア) 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2015年 大手携帯電話事業者(キャリア) 売上高ランキング!」
○最新版!2016年 家電量販店業界 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2016年 家電量販店 売上高ランキング!」
○最新版!家電量販店他 各種ランキング一覧は!こちら⇒
「最新版!家電量販店ランキング一覧!」

【その他ランキング】
○最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!はこちら(※別サイト)⇒
「最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!」

posted by カデンちゃん at 00:18| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。