ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると更新の励みになります。

小売・飲食業 ブログランキングへ

にほんブログ村

2017年04月13日

ヤマダ電機がベスト電器を完全子会社化!更なる競争力の強化!

ヤマダ電機は2017年4月12日、連結子会社で九州を地盤とするベスト電器を2017年7月1日付で完全子会社化すると発表しました。

ベスト電器は2017年6月28日付で上場廃止(東証1部)になります。

ベスト電器の店舗名は維持する模様。

現在、ヤマダ電機はベスト電器の発行済み株式の52.03%保有していますが、残りを株式交換方式で取得します。

ヤマダ電機は2012年にベスト電器を子会社化し、商品の調達や開発、物流などを共同で行ってきました。

完全子会社化により、こうした取り組みを一段と強化する思惑です。

今回、完全子会社化することで、グループ内におけるスピーディな意思決定や方針の徹底、ヤマダが持つ各種ソリューションビジネスの最大限の活用、上場維持管理コストの削減などのメリットが見込まれるとしています。

また、ベスト電機は同日、2017年2月期の連結決算を発表。

売上高は前年比93.6%の約1595億円、営業利益は同148.7%の約30億円、経常利益は142.8%の37億円、当期純利益は226.9%の38億円と、大幅な増益でした。

全自動洗濯機や洗濯乾燥機など高付加価値の白物家電の販売が好調で、平均単価も上昇しました。

また、理美容家電も好調でした。

一方で、デジタルカメラや周辺機器が不振でした。

粗利益率は前期の23.6%から24.7%に、1.1ポイント改善。

ヤマダ電機の業績に貢献しています。

今回の完全子会社化はさらなる管理コストの削減と見られます。

上場廃止で上場維持費用の年間1億程度が削減となります。

ヤマダ電機とベスト電器両方の本部機能も統合されるでしょう。

ベスト電器の店舗名は維持するとありますが、今後どうなるでしょうか。

○ヤマダ電機が金融参入!住宅ローン販売!ヤマダフラット35!第3の柱へ!はこちら⇒
「ヤマダ電機が金融参入!住宅ローン販売!ヤマダフラット35!第3の柱へ!」
○最新版!2016年 家電量販店業界 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2016年 家電量販店 売上高ランキング!」
○最新版!家電量販店他 各種ランキング一覧は!こちら⇒
「最新版!家電量販店ランキング一覧!」

【その他ランキング】
○最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!はこちら(※別サイト)⇒
「最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!」


posted by カデンちゃん at 00:26| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。