ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると更新の励みになります。

小売・飲食業 ブログランキングへ

にほんブログ村

2018年04月26日

2018年2月期「ヤマダ・エスバイエルホーム(ヤマダSXL)」最終損益27億円の赤字!


ヤマダ電機傘下の住宅メーカー「ヤマダ・エスバイエルホーム(ヤマダSXL)」が発表した2018年2月期の連結決算は、最終損益が27億円の赤字(前期は2億9000万円の赤字)となりました。

売上高は前期比12.6%増の491億円、経常損益は9億4800万円の赤字(前期は7400万円の赤字)、営業損益は9億6100万円の赤字(前期は6000万円の赤字)でした。

2期連続の営業損失となったため住宅展示場など17億3千万円の減損損失を計上したことから、最終損益は赤字となりました。

赤字となった原因はリフォーム事業において特殊大型案件の受注があったものの、施工体制や原価管理の整備が追いつかず、予定していた利益を享受できなかったことが挙げられます。

また、大型案件に対する応援体制を整えていった結果、既存事業の戸建注文住宅やオーナーリフォームにおける工事遅延が生じました。

さらに人員の積極採用や住宅展示場出展といった先行投資による経費の増加により、営業損益赤字、経常損益も赤字となりました。

2019年2月期は純利益が1億円、売上高が前期比1.7%増の500億円、経常利益が2億円、営業利益が3億円の見通し。

「エス・バイ・エル(SXL)」が業績不振のため、ヤマダ電機の傘下入りしたのは2011年10月です。

ヤマダ電機の傘下入り後、7年近くが過ぎましたが、営業黒字を計上できたのは2期のみ。

上場企業は企業のお手本となるべきところが、マネジメントがうまくいっていない印象を受けます。

○2018年3月期ヤマダ電機が最終減益!前期比16%減の290億円!業態変更が重荷!在庫圧縮で採算悪化!はこちら⇒
「2018年3月期ヤマダ電機が最終減益!前期比16%減の290億円!業態変更が重荷!在庫圧縮で採算悪化!」
○ヤマダ電機の新業態「家電住まいる館YAMADA」!家電や家具など家を丸ごと提案!はこちら⇒
「ヤマダ電機の新業態「家電住まいる館YAMADA」!家電や家具など家を丸ごと提案!」
○ヤマダ電機が金融参入!住宅ローン販売!ヤマダフラット35!第3の柱へ!はこちら⇒
「ヤマダ電機が金融参入!住宅ローン販売!ヤマダフラット35!第3の柱へ!」
○ヤマダ電機がベスト電器を完全子会社化!更なる競争力の強化!はこちら⇒
「ヤマダ電機がベスト電器を完全子会社化!更なる競争力の強化!」
○最新版!2017年 家電量販店業界 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2017年 家電量販店 売上高ランキング!」
○最新版!家電量販店他 各種ランキング一覧は!こちら⇒
「最新版!家電量販店ランキング一覧!」

【その他ランキング】
○最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!はこちら(※別サイト)⇒
「最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!」


posted by カデンちゃん at 23:17| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。