ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると更新の励みになります。

小売・飲食業 ブログランキングへ

にほんブログ村

2018年11月10日

ヤマダ電機、2019年3月期49%減益!一人負け!ネット通販台頭で不振!新業態「家電住まいる館」も軌道に乗らず!


ヤマダ電機の業績が苦戦しています。

2019年3月期の最終的なもうけを示す純利益が前期比49%減の153億円になる見通しです。

従来予想は50%増の448億円でしたので、一転して最終減益となります。

Amazon(アマゾン)等のインターネット通販との競争が激化し既存店舗の売り上げが不振です。

住宅関連サービスを提供する新業態店「家電住まいる館」も軌道に乗せられていません。

2019年3月期の売上高は4%増の1兆6440億円、営業利益は24%減の294億円を見込んでいます。

従来予想に比べそれぞれ680億円、427億円の下方修正となります。

ヤマダ電機はネット通販に対抗するため、美容家電などで購入額に応じたポイントの付与や値下げ販売を積極的に進めました。

それでも想定したほど売り上げが伸びず、採算が悪化。

販売が不振の結果、仕入れも抑制したため、メーカーから得る奨励金も減少し利益率が低下し悪循環となっています。

昨年から始めたリフォームなどを手掛ける新業態店「家電住まいる館」も最適な売り場構成の設計に時間がかかり、販売機会の損失に繋がっています。

また、西日本を中心とする豪雨や猛暑の影響で客数も伸び悩んだのも背景にあります。

現状のヤマダ電機は、人口減少、少子高齢化、ネット通販の拡大により家電販売の拡大は見込めないことから、住宅関連サービス強化に力を入れています。

問題は本業の家電販売を疎かにしているところです。

持ち味の大量一括仕入れによる、競合他社よりも安い販売価格は家電販売不振により、仕入れ量が減っていることにより、以前ほど安くはありません。

品揃えは元々多くありませんでしたが、「家電住まいる館」への改装による家電売り場の縮小により、さらに悪化しています。

扱う商品も、提携しているソフトバンクや船井電機の比重が多いため、偏りがあります。

住宅関連サービス強化のため、ハウスメーカーを買収し自ら住宅の販売もしていますが、安売りイメージのヤマダ電機の家を購入したいと考える顧客がどれくらいいるでしょうか。

住宅販売拡大のためにはブランド力強化が必要です。

競合他社は家電販売を疎かにせず、非家電部門やネット通販、リフォーム関連を強化し、売り上げを伸ばしており、ヤマダ電機の一人負けな状況です。

ヤマダ電機はさまざまな課題をクリアし、業績を浮上できるでしょうか。


○ビックカメラの2018年8月期、2年ぶり営業最高益!勝ち組!非家電やネット通販強化が奏功!はこちら⇒
「ビックカメラの2018年8月期、2年ぶり営業最高益!勝ち組!非家電やネット通販強化が奏功!」
○「ヤマダ・エスバイエルホーム」を「ヤマダホームズ」に社名変更!ヤマダ電機、住関連連結子会社4社を合併!はこちら⇒
「「ヤマダ・エスバイエルホーム」を「ヤマダホームズ」に社名変更!ヤマダ電機、住関連連結子会社4社を合併!」
○ヤマダ電機の新業態「家電住まいる館YAMADA」!家電や家具など家を丸ごと提案!はこちら⇒
「ヤマダ電機の新業態「家電住まいる館YAMADA」!家電や家具など家を丸ごと提案!」
○ヤマダ電機新社長に元エディオン取締役の三嶋恒夫氏が昇格!住宅関連分野に注力!はこちら⇒
「ヤマダ電機新社長に元エディオン取締役の三嶋恒夫氏が昇格!住宅関連分野に注力!」
○2018年3月期ヤマダ電機が最終減益!前期比16%減の290億円!業態変更が重荷!在庫圧縮で採算悪化!はこちら⇒
「2018年3月期ヤマダ電機が最終減益!前期比16%減の290億円!業態変更が重荷!在庫圧縮で採算悪化!」
○2018年2月期「ヤマダ・エスバイエルホーム(ヤマダSXL)」最終損益27億円の赤字!はこちら⇒
「2018年2月期「ヤマダ・エスバイエルホーム(ヤマダSXL)」最終損益27億円の赤字!」
○ヤマダ電機が金融参入!住宅ローン販売!ヤマダフラット35!第3の柱へ!はこちら⇒
「ヤマダ電機が金融参入!住宅ローン販売!ヤマダフラット35!第3の柱へ!」
○ヤマダ電機がベスト電器を完全子会社化!更なる競争力の強化!はこちら⇒
「ヤマダ電機がベスト電器を完全子会社化!更なる競争力の強化!」
○最新版!2018年 家電量販店業界 売上高ランキング!はこちら⇒
「最新版!2018年 家電量販店 売上高ランキング!」
○最新版!家電量販店他 各種ランキング一覧は!こちら⇒
「最新版!家電量販店他 各種データ ランキング一覧!」

【各業界・業種別 業績ランキング】
○各業界・業種別の売上高等 業績データを用いた各種ランキングはこちら⇒
「最新版!各業界・業種別 業績ランキング一覧【業界地図】!」

【その他ランキング】
○最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!はこちら(※別サイト)⇒
「最新版!"給料・ボーナス・年収・退職金.com" ランキング一覧!」


posted by カデンちゃん at 14:01| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。